チラシの裏~弐位のゲーム日記
社会人ゲーマーの弐位のゲームと仕事とブログペットのことをつづった日記

 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?


 キリギリがオオガミの死亡を確認する。
 アサヒナは、みんなを呼びに現場から離れる。


 キリギリがオオガミの死体を調べ始めてからしばらくして、アサヒナが、残りの3人であるハガクレ、ジェノサイダー、トガミを連れて戻ってきた。
 アサヒナは、オオガミを殺したのはこの3人だ、と断言する。
 そこへモノクマが現れて、ザ・モノクマファイル4を配る。
 ナエギが、モノクマに向かって、オオガミを殺したのは、お前なのか?と尋ねると、モノクマは、自分と戦う前にオオガミは死んだ、と答えて去っていく。
 現場の見張り役を決めることになり、立候補したアサヒナがまず決まり、もう一人は、トガミが独断でキリギリを指名し、キリギリは了承する。
 アサヒナは、オオガミ殺しの犯人だと疑っているハガクレ、ジェノサイダー、トガミの3人には、現場に入ってほしくない、と言い張るが、結局、トガミだけ現場検証に参加することになった。


 捜査開始!


 コトダマ:モノクマファイル4に目を通す。
 被害者:大神さくら
 死亡時刻:昼の12時頃
 死体発見現場:学校エリアの3階にある娯楽室
 死体の状況:被害者の頭部に打撃痕あり。頭を強く打った模様。それ以外の目だった外傷はなし。外傷以外では被害者は激しく吐血した模様。


 キリギリは、この娯楽室の出入り口は、自分たちが出入りしたドアだけだが、部屋の内側に置かれたイスのせいで開かなくなっていた。犯人は、イスでドアをふさいだ後どこから逃げたのか?と言い出す。
 今回の事件は、密室殺人なのだ。


 キリギリは、密室殺人の4つのパターンについて説明してくれる。
 ①犯行後に密室を構成:主に施錠に関するトリック
 ②犯行前からすでに密室状態:密室の外から中にいる被害者を狙う
 ③密室が破れた際に犯人が密室内にいた:犯人は密室内におり、密室が破られた際のどさくさに紛れて、駆けつけてきた発見者のふりをして現れる
 ④密室じゃなかった:部屋のどこかに抜け穴がある


 オオガミの死体を調べると、イスに腰かけたまま、前のめりの体勢で息絶えていた。頭部に打撃痕、口元に吐血の跡あり。コトダマ:大神の死体の状況をゲット。
 オオガミの吐血の原因は何?頭のケガでは無さそうだ。


 オオガミの足元に落ちている何かの包装紙を調べると、アサヒナが、保健室を出た後で自分があげたアメ玉の包装紙だ、と言い出す。アサヒナは、このアメが大好物で、寄宿舎の倉庫にあった分全部を部屋に持って帰ってしまったので、入手不可能だ、と言った。コトダマ:赤い水玉のアメ玉をゲット。


 オオガミの座っているイスの付近に散乱しているガラスの破片を調べると、元はボトルだったらしい。コトダマ:床のガラス片をゲット。
 その近くにモノクマのフィギュアも落ちていた。コトダマ:床に落ちたフィギュアをゲット。


 雑誌棚の下の血痕を調べると、オオガミの血痕らしいが、死体と離れた場所にあるのはなぜだろう?コトダマ:雑誌棚の前の血痕をゲット。


 棚の上を調べると、赤いボトルが4本並んでいる。しかも、それぞれのボトルの中にモノクマのフィギュアが1体ずつ入れられている。コトダマ:モノクマボトルをゲット。
 どうやらオオガミは、モノクマボトルで頭部を殴打されたらしい。これが死因なのか?


 ドアが開きっぱなしのロッカーを調べると、内側に手形がついている。比較的新しいものなので、誰かがロッカーの中に隠れていた可能性がある。
 しかし、娯楽室のドアを開けるとき、ロッカーのドアはすでに開いていたので、犯人が隠れていたわけではなさそうだ。
 コトダマ:ロッカーの手形をゲット。


 入口付近に落ちていたプラスチック製の容器を調べると、プロテインの容器だった。オオガミが飲んだものらしい。
 化学室A-2というラベルが貼られていることから、オオガミが化学室から持ってきたものらしい。
 プロテイン容器の周囲には、さっき割ったドアの窓ガラスの破片が散らばっているが、容器の下にも散らばっている。コトダマ:空のプロテイン容器をゲット。


 娯楽室のドアを調べると、窓が一つだけ割れているが、ここに入るためにさっき割ったからだ。
 ドアには、何か仕掛けを施した形跡もない。


 入口付近のイスを調べると、ドアが開かなかったのは、このイスのせいだったことを思い出した。
 イスを調べたが、何か仕掛けを施した形跡はない。


 ドアとイスに仕掛けがないということは、犯人は部屋の中からドアにイスを立てかけて密室を作り上げたことになる。コトダマ:娯楽室のドアをゲット。


 アサヒナに話しかけると、犯人は、トガミ、フカワ、ハガクレの誰かだ、と言い出す。
 オオガミが、この3人を、部屋に「昼前に娯楽室へ来い」と書いたメモを置いて呼び出した、と言っていた、とのこと。コトダマ:アサヒナの証言をゲット。
 犯行時刻の12時頃に犯行現場である娯楽室に呼び出された3人について、直接確かめた方がいい、と判断するナエギ。


 トガミにオオガミに呼び出されたことを確認すると、トガミは、部屋にあったメモを読んだが、破って捨てて娯楽室には行かず、オオガミとは今日は一度もあっていない、と答える。コトダマ:トガミの証言をゲット。


 キリギリは、犯人は超高校級の格闘家であるオオガミをどうやって殺せたのか?と言う。
 キリギリは、見張りをするので、ナエギが残り二人の聞き込みをすることになった。


 寄宿舎へ。
 フカワの部屋へ。
 フカワは、ジェノサイダーからフカワに戻っていた。
 リアクショントーク「話」→オオガミに呼び出された件を聞いてみると、フカワは、メモを見たが会いに行ってない、と答えて、ドアを閉めてしまう。コトダマ:フカワの証言をゲット。


 ハガクレの部屋へ。
 リアクショントーク「用事」→オオガミに呼び出された件を聞いてみると、ハガクレは、オオガミが、トガミとフカワも呼び出した、と言っていた、と答える。
 ハガクレは、オオガミに最後に会ったのは、アサヒナを保健室へ連れて行った時だ、と答える。
 ハガクレは、ポケットから赤い水玉模様の入った紙を落とすが、ゴミだと言って、急いで拾い上げて部屋に戻ってしまう。コトダマ:ポケットに入っていたゴミをゲット。


 化学室へ行くと、トガミも調べに来ていた。
 薬品棚を調べると、棚の前には粉末が撒き散らされている。
 Cの棚には毒薬とか劇薬が入っていて、どれもCから始まる番号ラベルが貼られている。
 Bの棚には試薬が入っていて、どれもBから始まる番号ラベルが貼られている。
 Aの棚には栄養剤などが入っていて、どれもAから始まる番号ラベルが貼られている。あのプロテインはここから持ってきたものらしい。しかし、一つだけ化学室C-9と書かれたラベルを貼ったビンが置いてある。このビンは毒薬で、本来はCの棚に置いてあるべきなのに、なぜAの棚に置いてあるのだろうか?コトダマ:化学室の薬品棚をゲット。


 棚の前にはビンが割れていて、粉末が撒き散らされている。
 ビンを調べると、化学室C-4のラベルが貼ってある。
 トガミは、今朝、化学室を調べたときは何もなかったから、事件前後にビンが割れて粉末がまき散らされたのだろう、と話す。コトダマ:床の粉末の原因をゲット。


 Aの棚の前の粉末には足跡が残っている。
 足跡を調べると、足跡の主は、一直線にAの棚に向かい、用事を済ませて、出て行ったらしい。


 床に撒き散らされた黄色の粉末を調べると、その近くに落ちている化学室C-4のラベルを貼った割れたビンの中身らしい。
 この粉末についた足跡の主は左の棚だけに用事があった。
 トガミの証言から、粉末が撒き散らされたのは、事件前後らしい。
 コトダマ:粉末に残された足跡をゲット。


 娯楽室へ戻って、キリギリに報告すると、娯楽室でも新しい発見があった、と言われる。
 オオガミの死体を調べると、靴の甲に黄色の粉末が付いている。コトダマ:足に付着した黄色い粉末をゲット。
 キリギリは、オオガミの頭部の打撃痕は2つある、と話す。
 そして、オオガミの両手はキレイなままで血が付いていない、と話す。
 コトダマ:死体を調べたキリギリの証言をゲット。


 モノクマボトルが置いてある棚を調べると、キリギリが、何らかの規則性がある、と言い出し、破片をすべて集めるようにと言って、コトダマ:モノクマボトルが更新された。
 キリギリが秤を持ってきて、モノクマボトルを測りだすと、モノクマボトルじゃどれもほぼ同じ重さであることがわかった。
 ナエギが集めた破片は、モノクマボトルより重かった。コトダマ:モノクマボトルの実験をゲット。


 雑誌棚を調べると、1冊だけ逆さまになっている雑誌がある。それを調べると、中ほどのページに「フカワ」と血文字が書かれている。コトダマ:雑誌のダイイングメッセージをゲット。


 そこへモノクマから、学級裁判開始の放送が入る。

拍手[0回]


  今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?


 マイゾノがクワタに殺され、エノシマがモノクマに殺され、クワタが処刑された。
 フジサキがオオワダに殺され、オオワダが処刑された。
 イシマルがヤマダに殺され、ヤマダがセレスに殺され、セレスが処刑された。
 そして、今に至る・・・


 朝食を済ませたナエギたちは、さっそく新たに行けるようになった場所はないかと、探索を始める。
 朝食会に出ないトガミ、フカワは放置。


 厨房のモニターを調べる→モノクマメダルをゲット。


 ランドリーへ。
 左から3番目の洗濯機を調べる→モノクマメダルをゲット。
 自販機を調べる→モノクマメダルをゲット。


 トラッシュルームへ。
 スイッチを調べる→モノクマメダルをゲット。


 倉庫へ。
 左の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。
 真ん中右の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。


 1-Bへ。
 時計を調べる→モノクマメダルをゲット。


 購買部へ。
 下の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。


 学園の4Fが解放された!


 音楽室へ。
 グランドピアノを調べる→モノクマメダルをゲット。
 キリギリに男子トイレの隠し部屋について聞かれたナエギは、誰かに襲われて気を失っている隙に資料を持ち去られたと、答える。
 ナエギは、そこで見つけた「ここから出てはいけない」のメモの意味をキリギリに尋ねるが、監視カメラがあるからということで、聞かせてもらえなかった。
 逆にキリギリから、ナエギの秘密について聞かれるが、オオガミのことはまだ確定してわけでないので、ナエギは「言えない」と答える。


 学園長室へ。
 鍵がかかっていて入れない。


 職員室へ。
 机の花X5を調べる→モノクマメダルをゲット。
 床に落ちている写真を調べると、鉄板のない教室で、マイゾノ、セレス、ヤマダが笑いながらじゃれあっている場面が写っている。
 これって学園に来る前に撮られた物?写っている3人は、知り合い?と、ナエギが思っていると、モノクマが現れて、この写真は本物だと言い切る。


 化学室へ。
 モニターを調べる→モノクマメダルをゲット。
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。
 アサヒナが、プロテインが充実していると大喜びしている。超高級プロテインのプロドルメンXまであるとのこと。


 4-Bへ。
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。


 4-Aへ。
 モニターを調べる→モノクマメダルをゲット。


 情報処理室へ。
 鍵がかかっていて入れない。


 4Fを調べ終わったので、食堂に戻り、4F探索の報告会を行う。
 キリギリに話しかけるが、怒っているようで、無視された・・・
 オオガミから、4Fの窓にも鉄板が打ち付けられており、脱出は不可能と言われる。
 ハガクレから、情報処理室と学園長室には鍵がかかって入れなかったと言われる。
 で、入れないならドアを壊せばいいと話し合っていると、モノクマが登場し、「鍵のかかっているドアを壊すのは禁止」という校則を追加して、去っていく。
 アナヒナから、化学室にはおすすめのプロテインやサプリがあるけど、毒薬もあったと言われる。
 ナエギは、鉄板のない教室でセレス、ヤマダ、マイゾノが笑顔で一緒に写った写真を、4Fで見たと伝えるが、キリギリ以外はモノクマの捏造だと言い出す。
 そこへ、トガミが現れ、風呂に入っていたと話す。つまり、アルターエゴから何か情報を引き出すことに成功したようだ。


 さっそく脱衣場へ行くと、PCの前にフカワがおり、トガミといっしょにアルターエゴから重要な情報を聞いたと言い出すが、くしゃみをしてしまい、ジェノサイダーになってしまう。
 ジェノから、ひざまずいてお願いすれば、PCの前から退くと言われて、ナエギが代表して正座して頼むことになった。
 ジェノは、ナエギのお願いを聞いてくれて、PC前から動いてくれる。
 PCを調べて、アルターエゴに話しかけると、PCの中にあった学園のファイルを開いたとい言い出す。
 それを聞いたキリギリが、ナエギをどかせて、アルターエゴと対話を始める。


 この学園では、希望ヶ丘学園に高校生達を隔離し、共同生活を遅らせるという計画が進行中だった。しかも、隔離される高校生たちは、場合によっては、学園内で一生過ごさなければならない、というものだった。
 そして、その計画を立てたのは、希望ヶ丘学園の事務局。
 その計画が立てられた原因は、1年前に起きた人類史上最大最悪の絶望的事件で、その事件が原因で、希望ヶ丘学園は教育機関としての機能を失って閉鎖に追い込まれた。
 人類史上最大最悪の絶望的事件は、アルターエゴが持っている情報の中にはないので、わからないとのこと。
 希望ヶ丘学園事務局の責任者は、希望ヶ丘学園長なので、学園長が黒幕である可能性が高い。その学園長は、30代後半の男性で、この学園内にいる可能性が高いとのこと。


 アルターエゴの話を聞いたキリギリは、自分が学園長を探すと宣言する。
 そして、アルターエゴの役目も終わったので、それを入力すると、PCはスリープモードになった。
 ここにいる、ナエギ、キリギリ、オオガミ、アサヒナ、ハガクレは1年前に起きた人類史上最大最悪の絶望的事件について、誰も心当たりがなかったし、学園がすでの閉鎖されていることも知らなかった。


 夜時間を告げる校内放送が流れたため、自室に戻る一行。


 朝時間を告げる校内放送が流れ、自室で目を覚ますナエギ。
 粘着テープを調べる→モノクマメダルをゲット。
 ゴミ箱を調べる→モノクマメダルをゲット。


 食堂へ行くと、キリギリがおらず、代わりにフカワがいた。トガミにぽっちゃりのほうが好みだといわれたので、朝食を食べに来たとのこと。
 キリギリは、ナエギが帰った後にまた来ると言っていたとのこと。
 ナエギは、キリギリと仲直りするために、オオガミの件をちゃんと確認しなくてはと思い、オオガミに、二人っきりで話がしたいと声を掛けるが、体調が悪いので明日にしてほしいと言われる。
 どうやら、モノクマとのバトルのときにケガをしたらしい。


 自由時間開始!
 職員室にいるトガミに話しかけて、一緒に過ごすことにする。
 トガミは、自分のことを超高校級の御曹司ではなく、血筋だけでなく頭脳も容姿も運動能力も何もかもが超高校級のため、超高校級の完璧だと思ってることがわかる→沈着冷静を習得!


 倉庫にいるトガミに話しかけて、一緒に過ごす。
 スカラベのブローチをプレゼントすると、話をしてくれる。
 トガミは自分の力で、株式売買をして、400億の個人資産を稼いだとのこと。
 トガミにとっては、この世界は簡単すぎるとのこと。
 「デイトレード」と答えて、SP+1!


 自室に戻ると、至急体育館へ集まるよう、モノクマからの校内放送が入る。
 体育館の前にいるオオガミに話しかけると、自分に何かあったらアサヒナを頼むと言われる。


 体育館に全員が集まると、モノクマは、内通者はオオガミだと言い出し、オオガミは否定しない。
 モノクマは、オオガミに向かって、人質の件もあるし、そろそろ約束を守ってもらおうと言い捨てて去っていく。
 オオガミは、すまないと謝る。
 ナエギは、モノクマと戦うオオガミを見たとき、黒幕と戦う決心をしたと言っていたことを、みんなに伝える。
 オオガミは、人質を取られたせいで、しぶしぶ黒幕に従っていただけだと、ナエギが言うも、アサヒナ以外はオオガミのことをまだ黒幕の手先だと疑っている。
 オオガミは、トガミに追及されて、黒幕の正体は知らないことと、黒幕から仲間の誰かを殺すことを命令されていたと答える。
 オオガミは、刺し違えても黒幕を倒して、自分の責任を取ると言い出す。
 オオガミは、アサヒナにだけは打ち明けようと何度も迷ったが、軽蔑されるのが怖かったので結局打ち明けることができなかったと、アサヒナに謝り、一人体育館を出て行く。
 そのとき、夜時間を告げる校内放送が流れたので、みんなは自室に戻る。


 翌朝、起床時間を告げる校内放送が流れ、さっそくオオガミのことを話し合うために食堂へ向かう。
 いつもはいないトガミとフカワは、オオガミから避難するために来たとのこと。
 食堂には、オオガミ以外全員が集まっている。
 キリギリは、黒幕がオオガミが内通者だとばらしたのは、動機を作り出すためだと言い出す。
 トガミは、オオガミが内通者と戦って死んでくれれば、問題が片付くと言ったため、アサヒナに、「あんたのほうが死ね」と言われてビンタされる。
 トガミは、殺してみろと、アサヒナをあおり、怒りに震えるアサヒナは部屋に戻る。


 自由行動開始。
 職員室にいるトガミに話しかけて、いっしょに過ごす。
 ナエギが、トガミに対して、「生まれながらにして成功を約束された人間」と言うと、トガミは、「勝ち取ったからこその、選ばれた人間」だと訂正する→羨望の発言力を習得!


 倉庫にいるトガミに話しかけて、いっしょに過ごす。
 昭和ラジオをプレゼントする→「5500万円」を選択→トガミは、ナエギを年収5500万円で、トガミの雑用係として雇ってやると話すが、ナエギは、自分自身で納得する生き方がいたいといって断る。それを聞いたトガミは、最後まで貫き通したら、認めるやると言い出す。→SP+1!


 翌朝、起床時間を告げる校内放送が流れる。
 ナエギが自室から出ると、食堂から悲鳴が聞こえてきた。


 悲鳴の主はハガクレで、食堂では、アサヒナがジェノに襲われてケガをしていた。
 フカワとアサヒナが取っ組み合いを始めて、テーブルの上のコショーが倒れて、フカワがジェノにチェンジしたとのこと。


 ハガクレといっしょに、アサヒナを保健室へ連れて行き、応急処置をするナエギ。
 アサヒナに話しかける→リアクショントーク「口論」で、オオガミの件でフカワともみ合いになり、ジェノが出てきて、襲われたとのことがわかる。
 そこへオオガミが現れ、自分のせいでアサヒナがケガをしたことを知り、激怒する。
 激怒したオオガミを見て、びびったハガクレは保健室を出て行く。
 それと入れ替わりに、キリギリがやってくる。
 オオガミは、けじめをつけると言って、去っていき、アサヒナがそれを追いかける。
 保健室に残ったキリギリに話しかける→リアクショントーク「あの件」で、オオガミのことを思って、オオガミとモノクマの争いのことを、ナエギが黙っていたの、自分のことを信用してないからだろうと言い出す。キリギリは、自分も怒りすぎたからと言って、この件お互いに忘れようと言ってくれる。
 リアクショントーク「他に話したい事」で、キリギリに、付いてきてほしい場所があると言われる。


 キリギリに連れられて脱衣所へ向かったナエギ。
 キリギリは、アルターエゴが頼みたいことがあるから、みんなを呼ぶように言っていると話す。
 PCを調べる→アルターエゴは、ネットワークの接続可能な場所に連れて行ってほしいと頼んでくる。
 アルターエゴは、みんながここから出られるように、一緒にがんばりたいと言い出す。
 「2階の隠し部屋」を選択→監視カメラがない部屋といえば、そこしかない。そこには、ネットワークケーブルを繋ぐコンセントもあった。


 アルターエゴの入ったノートPCを持って、2階の男子トイレの前まで行くと、キリギリが子芝居を始め、ナエギは男子トイレに入り、隠し部屋へ。
 机を調べる→ネットワークケーブルを発見し、アルターエゴと接続すると、アルターエゴは大丈夫と答える。


 キリギリと別れ、自室に戻ったナエギは、緊張がゆるみ眠り込んでしまう。
 そこへインターホンが鳴る。
 扉を開けると、キリギリが立っている。
 真っ青な顔をしたアサヒナが、娯楽室へ来てと、キリギリを呼びに来たとのこと。


 娯楽室のドアのガラス窓から中を覗くと、オオガミがイスに腰掛けたままうな垂れている。
 アサヒナは、たまたま通りすがりに窓越しにオオガミを見たので、娯楽室の中に入ろうとしたが、ドアは開かないし、外から声をかけても反応がないと、話す。
 キリギリは、娯楽室のドアにはカギがかかっておらず、中からイスか何かで開かなくしているだけなので、ドアの窓を壊そうと言い出す。
 近くの教室からアサヒナがほうきをもってきたので、ナエギがそれで、窓ガラスを割る。
 ガラスのなくなった窓から手を入れ、ドアの前に突っかかっていたイスをどけて、ようやく娯楽室の中へ。
 オオガミに触れると、死んでいる・・・
 そこへ死体発見の校内アナウンスが流れる。

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 CHAPTER03でいなくなるイシマル、ヤマダ、セレスと自由時間を過ごして、スキルを習得しよう。


 イシマルと自由時間を過ごす→イシマルは、時間があれば学校でも家でも勉強をしていると話す。それを聞いたナエギは、自分はTVを見たり、ゲームをしたりすると答えると、イシマルは、貴重な時間を使って、そんなことをして何の役に立つのかと聞いてきた。

 「友達との会話」を選択→ナエギの答えを聞いて、イシマルは友達との会話が長続きしない原因が、TVやゲームについて勉強不足であったことに気付き、それを教えてくれたナエギのことを、先生と呼ぶようになる。→注目の発言を習得!


 イシマルと自由時間を過ごす→イシマルは、ナエギが着ているおしゃれパーカーを、風紀が乱れているから脱ぐようにと言いだす。
 
 「防災頭巾」→ナエギの言い訳に一応納得したイシマルは、自分は休日でも制服(10着所持しているとのこと)を着用していると話す。→最大SP+1!


 イシマルと自由時間を過ごす→イシマルは、学園内に教科書や参考書がなく、授業も行われないことため、勉強ができないことにあせっている。イシマルは、天才を超える凡才になるためにここに来たと話す。
 
 ナエギが、努力とは諦めないことだと諭すと、イシマルは、基礎を固め直すチャンスだと前向きになる。→鋼の忍耐を習得!


 イシマルと自由時間を過ごす→あしたのグローブをプレゼントする。
 
 イシマルの部屋に呼ばれて、問題を出される。
 
 「インド」を選択→ナエギは、イシマルに、イシマルが天才という言葉を嫌っているようだと言うと、イシマルは、自分の祖父である石丸寅之助が、高卒で何の後ろ盾もなく、努力もせず、総理大臣になったと話し始める。寅之助は天才であったため、凡人ではありえないスピードで出世していったが、汚職事件に巻き込まれて、出世したのと同じくらいのスピードで人生を転落していった・・・そして、イシマルの家族は、故人となった寅之助の残した借金で、未だに苦労をしているとのこと。寅之助のように、天才は大切は努力を知らないから挫折に弱い、だから、自分は努力という確実は力を身につけて、寅之助以上のことを成し遂げたいと、イシマルは語った。→最大SP+1!イシマル★!


 アチーブメント:SP20達成(ダンガンロンパ)をゲット!
 
 
 ヤマダと自由時間を過ごす→ヤマダから、同人についてレクチャーを受けるナエギ。
 
 「サークル」を選択→同人界の常識の布教が自分の務めだと言って、これからもナエギにレクチャーしていくと宣言するヤマダ。→クラフトワークを習得!


 ヤマダと自由時間を過ごす→ヤマダは、ナエギに、自分は中学の時に、教師を買収して、同人部を作ったという伝説を聞かせる。

 「オールジャンル」を選択→今度オールジャンルイベントに参加予定のヤマダは、ナエギをコスプレで参加してみないかと誘う。→最大SP+1!


 ヤマダと自由時間を過ごす→コーラ中毒の禁断症状で苦しむヤマダは、幻覚を見て、どこかへ行ってしまう・・・→最大SP+1!


 ヤマダと自由時間を過ごす→ヤマダに、もちプリのフィギュアをプレゼントする。ヤマダは、アニメキャラのぶー子に会いたくて仕方がない。
 
 「外道」を選択→ヤマダは、ぶー子のアニメを見た時は小馬鹿にしていたが、ある日、ぶー子とデートを重ねる夢を見て、ぶー子に恋していることに気付いたと話す。しかし、ぶー子は公式には恋をしない設定だったため、アニメでは恋をする顔をしない。そこで、ヤマダは、夢で見たぶー子の恋する顔を自分で書くことにし、ぶー子を題材をした作品を作った。その作品の出来が良かったのでHPで公開したところ、瞬く間に大ヒットし、同人作家になったと話すヤマダ。そして、感謝と愛をこめてぶー子を辱めているとのこと。→妄想を習得!


 ヤマダと自由時間を過ごす→ヤマダの部屋に呼ばれたナエギ。ヤマダは、一般の人にも届くようなオリジナルの作品を作りたいと話す。ヤマダは、同人活動をしながら、同人される活動もしたいとのこと。→最大SP+1!ヤマダ★!


 セレスと自由時間を過ごす→セレスに、薔薇の鞭をプレゼントする。
 
 ナエギが、名前の由来を尋ねたら、フランス貴族の父と、ドイツの音楽家の母につけてもらった本名だと、明らかな嘘をつくセレス。そんなセレスだが、出身地は栃木県の県庁所在地で、餃子の都市だと話す。

 「宇都宮」を選択→セレスは餃子が大好物だと話す。そして、二度と餃子が食べられないことを悲しんでいた。そして、自分たちはここから出られないから脱出を諦めろ、でないと人を殺すことになると言って、去っていく。→レイズを習得!


 セレスと自由時間を過ごす→セレスに将棋を教えてほしいと言われるナエギ。セレスは、闇将棋の大会で適当に指したら、ビギナーズラックで優勝してしまったとのこと。→最大SP+1!


セレスと自由時間を過ごす→セレスに色恋沙汰リングをプレゼントする。セレスは、自分の人生最大の危機について話し始める。それは謎の組織が主催するゲームトーナメントの決勝戦でのこと、休憩中にお茶をこぼして、お気に入りの服のシミが抜けるかどうか心配しながら、速攻で勝負を終わらせてクリーニング屋に走り、無事にシミは抜けたとのこと。→脅威の集中力を習得!


 セレスと自由時間を過ごす→セレスに、桜の花束をプレゼントして、セレスの自室に招待され、Cランクになったと言われるナエギ。セレスは他人をランク付けするクセがあり、平均はDランクで、A・Bランクの人間は存在しないと話す。→最大SP+1!セレス★!

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?


 学級裁判が始まった。
 アサヒナとセレス、ジェノサイダーは、クロはハガクレに決まっていると断言するが、ハガクレは、自分は知らないと否定する。


 ノンストップ議論開始!
 「設計図」に対し、コトダマ:葉隠直筆のメッセージを発射。
 ナエギは、ハガクレ直筆のメッセージをみんなに見せながら、ハガクレの部屋で見つかった設計図と筆跡が違うと指摘すると、セレス以外は納得する。
 あのジャスティスロボを着れるのは、ハガクレだけなので、当然、ジャスティスロボの正体はハガクレ。しかし、犯人ではない。
 つまり、ジャスティロボは犯人ではないのだ。
 トガミが、まずはイシマルの死体の運搬方法をはっきりさせたいと言い出し、ナエギが、青いビニールシートと、美術倉庫の台車だと答える。
 犯人は、物理準備室にあったイシマルの死体を、血痕を残さないよう死体のそばにあったビニールシートにくるみ、そばにあった台車で、美術倉庫まで運んだ。
 物理準備室でイシマルの死体を発見したとき、そばに台車があったが、死体が消えたとき、台車もいっしょになくなっており、美術倉庫で、再度イシマルの死体を発見したとき。そばに台車があったことを、ナエギが証言する。
 しかし、セレスは、台車はもともと美術倉庫にあるもので、ナエギが台車が物理準備室にあったと思ったのは、見間違いじゃないのかと、ナエギの証言を疑う。


 マシンガントークバトル開始!
 リロード解禁!□で、弾数を補充できるようになった。
 物理準備室の血痕でブレイク成功!
 ナエギは、美術倉庫にあった台車のタイヤには、血痕がついており、物理準備室の血だまりから車輪らしき跡が付いていたことから、犯人は、物理準備室から美術倉庫へ台車で死体を運ぶ際、あやまってタイヤに血をつけてしまったのだろうと話す。


 ノンストップ議論開始!
 「腰をかがめた姿勢」に対し、コトダマ:ジャスティスロボの衣装を発射!
 ナエギは、台車には取っ手がないので、腰をかがめなければ押せないが、あのジャスティスロボの衣装を着たままでは、腰をかがめることができないと話し、アサヒナも、あの衣装を着たときに、足元が見えない上、腰が曲がらなかったことを思い出す。
 セレスは、台車を足で蹴ればできると言い出すが、足元が見えないからムリだと、ナエギに否定される。
 死体運搬時に衣装を脱げばできるという意見に対し、ナエギは「自力で脱げない」を選択!
 背中の留め金のせいで、ハガクレが自力で脱げなかったことを、思い出すみんな。
 つまり、台車で死体を運んだのは、ジャスティロボを着たハガクレではない!
 しかし、セレスが、ジャスティスロボに連れ去られるヤマダの写真を自分が撮ったし、ヤマダもシャスティスロボに襲われたと言ってたと、反論する。


 冷静になるため、事件について振り返ることになった。
 今朝、食堂に集まったのは、オオガミ、アサヒナ、ナエギ、キリギリの4人。
 しかし、いくら待っても誰も来なかったので、8時ごろに捜索を始めた。
 その直後、キリギリがいなくなる。
 3Fの娯楽室で、アサヒナがセレスを見つけ、オオガミ、ナエギを呼ぶ。
 セレスは、不審者に襲われ、1時間ほど気を失っていたとのこと。つまり、セレスが襲われたのは、7時過ぎ。
 セレスは不審者に襲われたとき、写真をとり、そこには、ジャスティスロボに連れ去られるヤマダが写っていた。
 不審者を探しているときに、トガミとフカワが合流。
 その後、2F図書室で、ケガをしているヤマダを見つけて、1Fの保健室に連れて行った。
 捜索を再開しようと保健室を出た直後、セレスが不審者を見たと言い出したので、2Fを捜索することになった。
 3Fを捜索していたセレスが、不審者を見つけて大声を上げ、みんなが集まってくる。
 その直後、下で悲鳴が聞こえたので、ナエギ、セレス、アサヒナがヤマダがいる保健室へ、オオガミ、フカワ、トガミがそのまま3Fで不審者を追った。
 ナエギたちは、保健室でヤマダの死体を発見し、死体発見アナウンスを聞いた。
 ナエギは、セレスとアサヒナを保健室に残して、3Fに戻る。
 同じ頃、オオガミ、フカワ、トガミは、物理準備室でイシマルの死体を発見し、死体発見アナウンスを聞いた。
 ナエギが、オオガミとトガミにヤマダの死を伝え(フカワは死体を見て気絶中)、3人で保健室へ向かおうと物理室を出たところで、セレスから、ヤマダの死体が消えたと聞かされる。
 保健室へ行くと、確かにヤマダの死体はなかった。
 気絶したフカワのことを思い出し物理準備室に戻ると、今度はイシマルの死体が消えていた。
 みんなで手分けして、死体を捜索していると、セレスが、美術倉庫で、二人の死体を発見したと伝えに来たので、みんなで美術倉庫へ向かい、二人の死体を発見した。


 キリギリが、別々の事件だと思って捜査しようと、言い出す。
 まずは、イシマルの事件だ。


 ノンストップ議論開始!
 アサヒナの殺された順番を△で記憶し、「ジャスティスハンマーの順番」に発射して、ブレイク成功!
 ナエギは、殺された順番≠ジャスティスハンマーの順番だと言い切る。つまり、イシマルのほうが、ヤマダより先に殺されたのだ。


 閃きアナグラム開始!
 「」「」→うでどけい
 イシマルの腕時計が、6時過ぎで壊れて止まっていたと、ナエギを証言する。
 キリギリも、今朝の6時過ぎに犯人に襲われて、壊れたのだろうと言う。
 夕べ、脱衣所で、イシマルは、自分の腕時計を確認しながら、「もうすぐ夜時間だ」と言っていたことを思い出すみんな。
 そう、イシマル殺害は、ヤマダ殺害やセレス襲撃よりも、早い時刻に行われたのだった。
 犯人は、わざとジャスティスハンマーに番号を振り、徐々に大きくしていって、事件の順番を誤認させるよう仕向けたのだ。
 しかも、朝の6時は、全員アリバイがない。
 また、保健室からヤマダの悲鳴が聞こえたとき、キリギリとハガクレ以外は、全員3Fにおり、その後、保健室でヤマダの死体を発見した。
 ヤマダの死体が保健室から消えたとき、セレスとアサヒナはいっしょにトイレに言っており、他のメンバーは物理準備室にいた。
 そして、イシマルの死体が消えたとき、気絶したフカワ以外は、保健室でヤマダの死体が消えたのを確認していた。
 しかし、フカワは気絶していたので、イシマルの死体は運べても、ヤマダの死体は運べない。
 つまり、一連の事件があったときいなかったキリギリとハガクレだけが、犯行が可能なのだ。


 まずは、ヤマダの死体運搬について考えてみる。
 保健室からヤマダの死体が消えたのは、セレスとアサヒナがトイレに行った1分ほどの間。
 デブのヤマダを、1Fから3Fへ運ぶのは、不可能に近い。
 キリギリは、ヤマダが保健室で死んだフリをしていて、自分で3Fに移動したと言い出す。


 ノンストップ議論開始!
 キリギリの「別の誰かの死体」を記憶して、セレスの「山田君の死体を発見したからこそ」に発射して、ブレイク成功!
 死体発見アナウンスは、ヤマダの死体発見ではなく、イシマルの死体発見に対してのものだった。二人の死体が見つかれば、死体発見アナウンスは2回流れただろう。
 モノクマに死体発見アナウンスについて確認すると、モノクマは、3人以上の人間が死体を最初に発見したときだけに流すと、答える。
 そういえば、死体発見アナウンスの1回目は、ヤマダとイシマルの死体を同時に発見したときに流れた。
 2回目は、「2人の死体再発見時」を選択!
 死体を最初に発見したときにしか死体発見アナウンスが流れないのなら、死体を再発見したときに死体発見アナウンスが流れるのはおかしい。
 つまり、1回目のアナウンスは、イシマルの死体発見に対してで、2回目は、ヤマダの死体発見に対してのものだった。


 ノンストップ議論開始!
 セレスの「違いはない」に対して、コトダマ:山田のメガネを発射して、ブレイク成功!
 最初に保健室で、ヤマダを発見したとき、ヤマダのメガネは血で汚れていたが、美術倉庫で死体を再発見したときには、メガネはきれいになっていた。
 コトダマ提示で、キャラクターもののネガネ拭きを選択!
 保健室のゴミ箱から、血のついたキャラクターもののメガネ拭きを発見したことを、ナエギは証言する。
 しかも、メガネ拭きに描かれているキャラクターは、ヤマダのデジカメに描かれているキャラクターと同じものだった。
 メガネをかけているトガミとフカワは、そのキャラクターもののメガネ拭きは、自分のものではないと証言し、ヤマダのものだと断定。
 保健室で死んだフリをしていたヤマダは、メガネに付いた血を、自分のキャラクターもののメガネ拭きできれいし、自分で歩いて保健室を出っていったのだ。
 そして、ヤマダに付いていた血は、保健室の冷蔵庫に保管されていた輸血用の血液だ。


 イシマルの死体を運んだのは、山田一二三を選択!
 みんなで保健室でヤマダの死体が消えたことを確認している間に、ヤマダが、物理準備室にあったイシマルの死体を、美術倉庫に運んだのだ。
 ヤマダとイシマルの死体を捜索していたとき、アサヒナとオオガミは、美術倉庫を調べようとしたが、鍵がかかっていて中に入れなかった。
 美術倉庫の鍵は、内側からしか掛けられないことから、あの時、美術倉庫には、イシマルの死体を運んだヤマダがいたのだ。


 コトダマ提示で、山田の持っていたメモを選択!
 死んだヤマダのパンツの中に隠し持っていたメモを、みんなに見せるナエギ。
 そこには、早朝6時に、物理準備室に来るように書かれいた。
 ハガクレは、自分が呼び出されたメモと同じだと言い出すが、内容が微妙に違った。ハガクレは、自分へのメモには、午前1時に娯楽室に来るよう書かれていたと証言する。


 ハガクレとは別に呼び出された人物は、石丸清多夏を選択!
 ヤマダの持っていたメモで呼び出されたのは、イシマルだった。


 ノンストップ議論開始!
 ジェノサイダーの「きよたんとは関係ねー」に対して、コトダマ:壊れた腕時計を発射して、ブレイク成功!
 ヤマダの持っていたメモに書かれた午前6時は、イシマルが殺された時刻と同じで、壊れた腕時計が示して時刻も同じで、しかも、ヤマダの持っていたメモに書かれた物理準備室は、イシマルの死体が最初に発見された場所だ。
 つまり、イシマルはこのメモで呼び出されて、午前6時に、物理準備室で殺されたのだ。
 ヤマダは、イシマルからメモを奪い、自分のパンツに隠していた。


 コトダマ提示で、石丸の持っていた紙の切れ端を選択!
 イシマルの持っていた紙の切れ端と、ヤマダの持っていたメモの切り口を合わせると、1枚の紙になった。
 イシマルはメモを握り締めたまま死に、ヤマダはそのメモを奪おうとしたが、破れてしまい、イシマルの手には、破れた紙の切れ端だけが残ったのだ。
 ヤマダは、事件の関係者だったが、イシマルの死体を美術倉庫に運んだ直後に、真犯人によって殺された。
 つまり、ヤマダは、イシマルの死体が消えてから、二人の死体を発見するまでの間に殺されたが、そのとき、みんなは消えた死体を探し回っており、アリバイがない。


 次は、ヤマダを殺した凶器についてだ。
 ハガクレの「どっちかのハンマーが凶器」に対して、コトダマ:洗ったハンマーを発射して、ブレイク成功!
 ヤマダを殺した本当の凶器は、美術倉庫にあった一つだけ綺麗に洗われたハンマーだ。犯人は、ハンマーに付着した血痕を洗い流したのだ。
 そして、美術倉庫にはハンマーが歯抜けに置かれていたことから、歯抜けの部分にあったハンマーが、ジャスティスハンマーの元になったのだろう。
 真犯人は、イシマルの死体を美術倉庫に運んだヤマダを、その場にあったハンマーで殺害したのだ。


 共犯者は、ここのルールでは、何の得もないから、ありえないはずだ。
 ノンストップ議論開始!
 キリギリの事件は2つを、△で記憶して、セレスの「可能性はありません」に対して発射して、ブレイク成功!
 2人の犯人が、2つの殺人事件を犯し、互いの殺人の共犯者になればいいのだ。
 真犯人は、ヤマダに殺人計画を持ちかけ、自分の殺人の共犯者にした。ヤマダはイシマルを殺したが、真犯人は、証拠を消すため、ヤマダを殺したのだ。


 真犯人は、セレスを指名!


 ヤマダとセレスが組んでいたという根拠は、不審者の目撃を選択!
 ジャスティスロボを目撃したのは、セレスとヤマダだけだ。
 ケガをしたヤマダを保健室に連れいったあと、セレスが不審者を見たと言い出したから、みんなは2Fへ移動したのだ。
 そして、3Fの物理室へみんなを誘導するためと、ヤマダに悲鳴を上げるよう合図のため、セレスは3Fで悲鳴を上げた。
 その直後、ヤマダが悲鳴を上げ、セレスが「二手に分かれよう」と提案し、死体を同時発見させるよう誘導したのだ。
 そして、セレスは、保健室で血まみれのヤマダを見て、「殺された」と発言し、ヤマダが死んでいるように見せかけるた。そのあと、アサヒナを気遣っていっしょにトイレに行ったのも、ヤマダを物理準備室へ向かわせるためだったのだ。


 トガミの不自然な点を、△で記憶し、セレスの「彼ら」に発射して、ブレイク成功!
 保健室で、セレスは「彼らのように殺される」と発言したが、あのときは、まだセレスにはイシマルの死を伝えていないし、そもそもセレスは物理準備室に入っていないのに、死体が「彼ら」=男2人だと、なぜセレスは知ったいたのか?しかも、あの時は、キリギリもいなかったので、キリギリの死体の可能性もあったのに。
 しかし、セレスは、ヤマダが不審者に連れ去られるデジカメの映像を見せて、これを証拠に自分とヤマダの犯行ではないと言い張る。
 ジャスティスロボの衣装は、ハガクレにしか着ることができないし、デジカメにはタイマー機能はない。


 山田君が不審者を連れ去っているを、選択!
 そう、デジカメの画像は、ヤマダが、薬で眠らされてジャスティスロボの衣装を着せられたハガクレを運んでいる画像だったのだ。


 ノンストップ議論開始!
 セレスは、気絶した人間が、そんな姿勢をとることができないと反論するが、そのセレスの「そんな姿勢」に対し、コトダマ:ジャスティスロボの姿勢を発射して、ブレイク成功!
 あのジャスティスロボの衣装なら腰が曲がらないため、中の人が気絶していても、背筋が伸びたままでいることは可能だ。


 しかし、セレスは、ヤマダは死に際に「犯人は、やすひろ」と言ったと反論する。
 ヤマダは、普段から、みんなことを何とよんでいたのだろう?
 フルネームを選択!
 そう、ヤマダは、みんなのことをフルネームで呼んでいた。ということは、ハガクレのことは、葉隠康比呂殿と呼ぶはず。
 ヤマダが言いたかったのは、苗字が「やすひろ」という人物の名前だ。
 それに該当するのは、本名を明かしていないセレスのみ!
 しかし、セレスは、自分の名前は、セレスティア・ルーテンベルクだと言い張る。


 ノンストップ議論開始!
 セレスに「確かめる方法はない」に対し、コトダマ:電子生徒手帳を発射して、ブレイク成功!
 ナエギは、電子生徒手帳を起動したときに、持ち主の名前が最初に出てきたことを思い出す。


 クライマックス推理開始!
 犯人は、「ヤマダ」と組んで、この事件の共犯者にした。
 犯人たちは、「深夜1時」に娯楽室に「ハガクレ」を呼び出し、薬で眠らせ、ジャスティスロボの衣装を着せた。
 ヤマダは、ジャスティスロボに捕まっているような演技をし、それを犯人が「デジカメに撮影」した。
 そして、ハガクレをプールのロッカーに閉じ込めた。
 「午前6時」に、物理準備室にイシマルを呼び出し、ヤマダがイシマルを殺害。
 それに使われた凶器は、物理準備室に落ちていた「ジャスティスハンマー4号」。
 そして、犯人たちは娯楽室で、ジャスティスハンマー1号と、デジカメの画像を見せて、みんなにジャスティスロボ襲撃事件があったように見せかけてた。
 続いて、図書室で、ケガをしたヤマダと、「ジャスティスハンマー2号」を見せることで、みんなに襲撃事件があったように見せかけた。
 ケガをしたヤマダを保健室において、みんなは不審者を探し始める。
 一人になったヤマダは、冷蔵庫にあった輸血パックと、「ジャスティスハンマー3号」を使って、自分が殺されたように見せかけた。
 ヤマダの悲鳴を聞いて保健室で、ヤマダの死体を発見したと同時に、物理準備室でイシマルの死体も発見し、死体発見アナウンスが流れる。
 保健室から人がいなくなってから、ヤマダは保健室を抜け出す。
 ヤマダの死体を消えたことで、みんなが保健室に集まっている間に、ヤマダは、物理準備室へ行き、イシマルの死体をビニールシートで包み、「台車」で美術倉庫へと運んだ。
 しかし、ヤマダは、犯人によって、「美術倉庫にあったハンマー」で殺されてしまう。
 そう、犯人はセレスだ!


 セレスは、自分の名前は、安広多恵子だと明かし、自分の負けを認める。


 最終成績は1259で、モノクマメダルX90をゲット。


 投票の結果、クロはセレスに決まり、モノクマから、大正解だといわれる。


 セレスは、アルターエゴ(モノクマがいるので、この場ではアレと呼んでいる)を盗み、その夜にヤマダの部屋に行き、アルターエゴを盗んだのは自分で、イシマルに乱暴され、恥ずかしい写真をとられて、それをネタに脅されて、仕方なくやったと、ヤマダに吹き込んだ。(アルターエゴは、イシマルとヤマダが近づくと、悲鳴を上げるよう、命令されている)
 そのとき、セレスは。イシマルの部屋でアルターエゴを撮影したデジカメの画像を見せて、ヤマダを信用させ、そのあとで画像は処分した。
 すっかりセレスに騙され、イシマルに対し強い殺意を抱くヤマダに、セレスは、アルターエゴを独り占めするために、イシマルが、ヤマダを殺して、学園を出るつもりだと煽り、自分と組めば、アルターエゴを取り戻して、二人で学園を出られると持ちかけて、ヤマダを共犯にすることに成功した。
 セレスは、顔と姿勢をごまかせる衣装をヤマダに依頼したのだが、ヤマダが張り切ってあの衣装を作ってしまったとのこと。
 ハガクレを選んだ理由は、バカだからだそうです・・・
 セレスがヤマダに話した計画では、ヤマダが事情聴取されている間にセレスが殺人を行い、ヤマダのアリバイを確保するというものだった。
 ヤマダは自分が殺される瞬間まで、セレスのことを疑っていなかったとのこと。
 セレスが殺人を犯した理由は、学園から出たかったから。セレスは、自分の夢をかなえるために、命がけでギャンブルで大金を貯めてきた。セレスの夢は、西洋のお城に住み、世界中のイケメンを執事として雇い、ヴァンパイアの格好をさせることだった。自分がギャンブルで稼いだお金と、モノクマの提示した100億円があれば、その夢は叶うはずだった。
 セレスは、嘘つきで自分の気持ちすら騙せるため、これから処刑されるというのに余裕の態度で、次に生まれ変わったら、マリー・アントワネットになりたいと言っている。
 そして、セレスは、キリギリに鍵を手渡して、処刑場へ。


 セレスへのおしおきが始まった。
 ベルサイユ産火あぶり魔女仕立て・・・
 マリー・アントワネットになった気分で火あぶりにされているセレスに向かって、消防車が猛スピードでやってくる。
 助かるのでは?とセレスが安堵した瞬間、消防車はスピードを落とさず、そのままセレスに突っ込む・・・


 セレスがキリギリに鍵を渡したことに気付いたモノクマは、キリギリを問い詰める。
 が、逆に、キリギリは、自分の体に何をしたのかと、モノクマを問い詰めるが、バツが悪くなったモノクマは退散する。


 キリギリがセレスから受け取ったものは、脱衣所ロッカーの鍵だった。
 監視カメラがあるので、脱衣所に向かうのはキリギリとナエギの二人で、他のメンバーは食堂で待機することになった。
 セレスから受け取った鍵でロッカーをあけると、中にアルターエゴがあった。
 セレスは、アルターエゴに、声を出さないで静かにしているよう命令していたのだった。
 アルターエゴは、明日にでも、ハードディスクのファイルが開けそうだと話す。
 アルターエゴの件が片付いたので、ナエギは、キリギリに一人で何をしようとしているのかを尋ねる。
 ナエギはキリギリのことを信じているから、キリギリにも自分たちのことを信じてほしいと訴える。
 キリギリは、ナエギのことを信じると言って、事件が起こったとき、何をしていたかを打ち明けた。


 夜時間になり、ナエギは、キリギリの話した内容を確かめるために行動を起こす。
 2Fの男子トイレには監視カメラがなく、そこの用具置き場の奥に、とキリギリが言ってたことの確認だ。
 男子トイレの用具置き場の奥を調べると、壁が回転し、奥にキリギリが言っていた隠し部屋があった。
 ほこりだらけの書棚を調べる→ほこりをかぶっていない希望ヶ丘学園在校生名簿を発見。
 名簿の中から、「ここから出てはいけない」というメモが出てくる。
 それを見て、以前に同じことを誰かに言われたようだとナエギは感じるが、どうしても思い出せない・・・
 突然、背後から頭を殴られ、意識を失うナエギ。
 しばらくして、ナエギを意識を取り戻す。
 書棚を調べる→からっぽ・・・名簿も、床に落としたメモもなくなっている。
 痛みでフラフラになりながら、ナエギは自室に戻ろうとする。
 1Fまで降りると体育館のほうから音が聞こえてきた。
 体育館の扉から中を覗く→オオガミとモノクマが、人間離れしたバトルを繰り広げている。
 モノクマは、オオガミに対し、「ボクに逆らおうなんて、約束が違う」と言うと、オオガミは「お前と戦うと決心した」と答えている。
 それに対し、モノクマは、人質がどうなっても知らないと脅す。
 黒幕の内通者は、オオガミなのか?


 生き残りは、7名になった・・・
 超合金ジャスティスロボをゲット。
 チロフィー:チャプター3をクリアをゲット!

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?


 物理準備室の床に落ちているハンマーを調べる→ジャスティスハンマー4号とかかれており、さらに大きくなっている。
 床に倒れているフカワを調べる→トガミによると、血を見て気絶したとのこと。いくら起こしても起きないので、ほっとくことにする。
 オオガミが、セレスが1号、ヤマダが2号で襲われて、イシマルが4号なのはどうしてと言い出す。
 オオガミとトガミに、ヤマダが3号で殺されたので、知らせに来たと答えるナエギ。


 物理室を出たところで、保健室で待っているハズのセレスに会う。
 セレスは、ヤマダの死体が消えたと、話す。


 保健室に戻ると、床に倒れていたヤマダの死体がなくなっている・・・
 アサヒナが、セレスとトイレに行っている間に、ヤマダの死体が消えたと話す。
 アサヒナに、イシマルが殺されたと伝える。


 フカワを物理準備室に放置してきたことを思い出したので、急いで戻ると、フカワは気絶したままだったが、今度はイシマルの死体が消えていた・・・
 ヤマダの悲鳴を聞いたとき、この場にいる全員は3階にいた。その後、二手に分かれてそれぞれ死体を発見した。そして、いずれの場面にもキリギリとハガクレの姿がなかった・・・
 ナエギは、キリギリは、セレスとヤマダが最初に襲われたときは、自分たちといっしょにいたと、説明する。
 となると、犯人はハガクレで決まり?
 「同一犯による殺人は2人まで」という校則があるので、これ以上の殺人は起きないはず。
 消えた死体と、行方不明のキリギリとハガクレを探すため、探索開始!


 美術室で、アサヒナとオオガミと話す。
 娯楽室、3-Bには誰もいない。
 廊下に出ると、セレスとトガミから、死体が美術室で見つかったと聞かされる。


 美術室から、美術倉庫へ。
 床に、イシマルとヤマダの遺体が転がっている・・・
 そのとき、本日2回目のモノクマの死体発見のアナウンスが入る。
 モノクマが現れ、ザ・モノクマファイル3を渡して、すぐに去っていく。
 ヤマダの死体にすがりついてアサヒナが泣いている。
 アサヒナの涙が、ヤマダの顔に当たった瞬間、ヤマダが息を吹き返し、「みんな思い出した。みんなと会う前に、みんなと会っていた。」と言い出す。
 アサヒナは犯人は誰?と問いかけると、ヤマダは「やすひろ」と答えて、絶命する・・・
 セレスは、ハガレクの名前がヤスヒロであることを、みんなに確認する。


 捜査開始!
 モノクマファイルに目を通す。
 被害者は、ヤマダとイシマル。
 二人の致命傷は、頭部の殴打。
 それぞれ似たような凶器で殺されたようだ。
 以上。


 ・・・いつものファイルより、内容が薄い。
 オオガミは、ヤマダ襲撃時のアリバイはあるがいまだに姿を見せないキリギリのことを、共犯者ではないか?と言い出す。
 殺人の実行者であるクロは学級裁判で無罪になれば外に出れるが、共犯者はダメだと、モノクマが再度みんなに説明しに来る。
 そして、今回の学級裁判で指摘するのは、真のクロただ1人のみだと、モノクマは告げて、去っておく。
 気絶から醒めたフカワが、ジェノサイダーの人格で、美術倉庫に押しかけてくる。
 ジェノには、アリバイがある(ヤマダ襲撃時はトガミといたし、イシマルの死体を見てから今まで気絶していた)ので、今回の犯人ではないらしい。
 遺体の見張りはオオガミとアサヒナにやってもらい、他のメンバーで捜査開始。


 イシマルの死体を調べる→イシマルの致命傷は、頭部への殴打。最初に死体が発見された物理準備室にあったジャスティスハンマー4号が凶器?イシマルの死体の下に、ビニールシートが敷かれている。犯人が血痕を残さないように使ったのか?コトダマ:青いビニールシートをゲット!


 ヤマダの死体を調べる→ヤマダの致命傷も、頭部への殴打。最初に保健室にあったジャスティスハンマー3号が凶器?なんか違和感がある・・・保健室で見たヤマダの死体は、メガネが血で汚れていたが、ここ美術準備室にあるヤマダの死体は、メガネがきれいになっている!コトダマ:山田のメガネをゲット!


 台車を調べる→最初にイシマルの死体を見つけたときに、近くにあったものだ。タイヤに血痕が付着している。コトダマ:美術倉庫の台車をゲット!


 ハンマーラックを調べる→ハンマーが歯抜けで並べられていることから、これからジャスティスハンマーを作った?ハンマーはどれも使いこまれて汚れているが、一つだけ綺麗なハンマーがあった。コトダマ:洗われたハンマーをゲット!


 オオガミと事件を振り返る→今朝、食堂に集まったのは、オオガミ、ナエギ、アサヒナ、キリギリの4名。8時になっても他のメンバーが来なかったので、探しに行くことになった。直後、キリギリがいなくなる。アサヒナが3Fの娯楽室で、セレスを発見して、オオガミとナエギを呼ぶ。セレスは、7時ごろに不審者に襲われて、1時間ほど気絶していたとのこと。犯人は、セレスが撮った写真によりジャスティスロボのコスプレをしていることが判明。しかも、犯人は、ヤマダを連れ去った。その後、フカワとトガミと合流し、2Fの図書室で傷を負ったヤマダを発見し、1Fの保健室に連れて行く。その後、再び捜索を再開しようとしたところ、セレスが階段に怪しい人影がいると言い出し、2Fを手分けして探すことになった。その直後、セレスの叫び声がしたので、3Fへいくと、セレスがコスプレ不審者を見たと話す。その直後、下の階から、ヤマダの悲鳴が聞こえてきた。ナエギ、セレス、アサヒナは1Fの保健室にいるヤマダの様子を見に行き、オオガミ、フカワ、トガミは3Fで不審者を探すことになった。ナエギたちは、保健室でヤマダの死体を発見し、死体発見のアナウンスが聞こえてきた。他のメンバーを呼びにナエギが3Fに向かっている間に、オオガミたちは、物理準備室でイシマルの死体を発見し、死体発見のアナウンス(死体発見が同時らしく、ナエギたちが聞いたアナウンスと同じもの)が聞こえてきた。ナエギが、ヤマダの死体発見を伝えて、気絶したフカワを放置し、オオガミ、トガミを連れて、保健室に戻る。ナエギたちが物理室から出たとき、セレスがやってきて、ヤマダの死体が消えたと話す。保健室に戻ると、本当に、ヤマダの死体はなくなっていた。フカワの様子を見に、物理準備室へ戻ると、今度はイシマルの死体が消えた。二人に死体をしばらく捜していると、セレスが、美術倉庫で二人の死体を発見したと伝えに来たので、美術倉庫に行ったら、二人の死体を発見した。


 トガミに話しかける→ヤマダが、犯人は「やすひろ」と言って死んだので、犯人はハガクレに以外にないと話す。しかし、ナエギが、犯人はなぜ死体を動かしたり、わざわざ2人も殺したのだろう?と聞くと、トガミは何かに気付いたようで、美術倉庫から出て行ってしまう。


 アサヒナに話しかける→ヤマダとイシマルの死体が消えたとき、アサヒナはオオガミといっしょに美術室を探したが、そのときは、美術倉庫は鍵がかかっており入れなかったとのこと。


 部屋を出ようとする→美術倉庫の出口は1つで、鍵は美術倉庫側からしか掛けることができない。つまり、アサヒナたちが美術室を調べに来たとき、誰かが美術倉庫にいて、内側から鍵をかけていた。つまり、それは犯人?コトダマ:美術倉庫のドアをゲット!


 同じく3Fにある物理準備室へ。
 血痕を調べる→中央の血だまりから、車輪らしき跡が伸びている。台車のダイヤにも血痕がついてたことから、イシマルの死体は、台車を使って、物理準備室から美術倉庫に運ばれた?コトダマ:物理準備室の血痕をゲット!


 ビニールシートを調べる→モノクマメダルをゲット。


 1Fに降りて、保健室へ。
 セレスに話しかける→セレスは、ハガクレを探していると言うので、ナエギは、ヤマダの死体の運搬方法を探していると答える。セレスは、ヤマダの死体を保健室で見つけて、ナエギが他のメンバーを呼びに言ったあと、セレスは、気分が悪いというアサヒナをトイレに連れて行き、1分程度で保健室に戻ってきたら、ヤマダの死体がなくなっていたと話す。デブのヤマダを1分程度で運び出すなんて、不可能・・・コトダマ:セレスの証言をゲット!


 ゴミ箱を調べる→血がべったりついたキャラクターもののメガネ拭きが入っている。誰のだろう?コトダマ:キャラクターもののメガネ拭きをゲット!


 保健室から出ると、トガミに話しかけられる→トガミは、ハガクレの部屋を調べろ言って、ハガクレ直筆のメッセージを見せる。ハガクレは達筆なので、このメッセージがハガクレの直筆であることは、一目瞭然。コトダマ:葉隠直筆のメッセージをゲット!


 ハガクレの部屋へ行くと、鍵が開いていて、中に入れた。
 ダンボール箱を調べる→なんか設計図や、材料が入っている。コトダマ:ジャスティスロボの設計図をゲット!


 ハガクレの部屋を出ると、アサヒナが、2Fのプールで、キリギリとジャスティスロボの格好をしたハガクレが見つかったと伝えに来る。


 2Fの室内プールへ行くと、オオガミ以外が集まっている。
 キリギリに話しかける→キリギリが、プールのロッカーに中で寝ていたハガクレを見つけたとのこと。キリギリは、今までいろいろと調べモノをしていたと話す。
 ハガクレは、いつのまにか寝ていて、起きたらこんな格好をしていたと話す。そして、自分で脱げないと話す。
 ジャスティスロボの背中には留め金ががっちりかかっており、それで、簡単に脱げないようになっていたのだ。
 みんなの協力でハガクレの衣装を脱がせると、ハガクレにぴったりのサイズに作られており、ハガクレ以外には着れそうもないことが判明。
 セレスは、ハガクレの部屋に設計図があったから、この衣装はハガクレの自作だと言い出し、トガミとナエギもハガクレの部屋に設計図があったことを認める。
 ジャスティスロボの格好をして、みんなを襲ったのはハガクレだという流れになり、話がよくわからないうちに犯人扱いされていることに気付いたハガクレは、自分以外にも衣装が着れるかどうか試そうと言い出す。
 まずアサヒナが着てみるが、ブカブカ・・・しかも視界が悪く、足元が見えないし、腰が曲がらない。
 次にナエギが着てみるが、サイズが合わないため、着られない。
 ハガクレは、もう1着同じ衣装があって、それを着たヤツが犯人だと言い出すが、セレスに、もう1着の衣装が見つからないと証拠にならないと言われてしまう。
 コトダマ:ジャスティスロボの衣装をゲット!


 ハガクレに話しかける→ナエギは、状況がよくわかっていないハガクレに、イシマルとヤマダが殺されたと教えると、ハガクレは、アルターエゴを取り合っていた二人が殺されたので、犯人はアルターエゴだと言い出すが、キリギリに一蹴される。ハガクレは、夕べ、自分の部屋に、「抜け穴を見つけた、午前1時に娯楽室に集合」というメモが届いて、娯楽室へ行ったら、薬を嗅がされたらしく眠くなって、今に至ると話す。肝心のメモは、ポケットに入れていたが、今見たら、なくしてしまったらしい。コトダマ:葉隠の証言をゲット!


 ハガクレは、自分の無実を証明するための、もう1着の衣装と、自分を呼び出したメモを探しにいく。
 アサヒナも、オオガミの様子を見に戻り、他のメンバーも解散する。


 キリギリが、ナエギに捜査に協力して欲しいと頼んでくる。
 キリギリが、死体を見たいと言うので、美術倉庫へ。
 キリギリは、さっそく2人の死体を調べ始める。


 キリギリに話しかける→イシマルの左腕の腕時計が壊れてて、針が6時で止まっている。夕べの10時の段階では、腕時計は壊れていなかったで、時計が壊れたのは今朝の6時だろう。コトダマ:壊れた腕時計をゲット!
 キリギリが、イシマルが左手に何か握っていると言い出す。
 ナエギがイシマルの左手を開いて、確認すると、紙の切れ端だった。コトダマ:石丸の持っていた紙の切れ端をゲット!


 もう一度キリギリに話しかける→ヤマダが、パンツの中に丸められた紙を隠していたのを発見したと話す。中身を確認すると、端が切れたメモに、ハガクレに届いたメモとほぼ同じ内容が書かれていたが、ハガクレの言っていた時間と場所が異なっており、それには午前6時に物理準備室へ来るように書かれていた。コトダマ:山田の持っていたメモをゲット!
 キリギリは、ヤマダとイシマルは、それぞれ自分の電子生徒手帳を持っていたと話す。コトダマ:電子生徒手帳をゲット!


 学級裁判を告げる校内放送が入る。

拍手[0回]


  今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 外に出たくて仕方ないアサヒナは、ここままでは自分がダメになってしまうと考えて、大好きなドーナツを食べるため、夜時間にもかかわらず自室を出る。
 風呂場のほうで音がするので様子を見に行くと、脱衣所のロッカーの中にフジサキの顔が浮かんでいた!


 翌朝の朝食会には、いつもどおりトガミとフカワは欠席。そして、アナヒナが腹痛で欠席。イシマルは、オオワダの件があってから、一言も口をきいてくれないし、一睡もしてないようだ。
 セレスはここで適応して暮らしていくしかないと話すが、ヤマダはここには2次元がないと騒ぎ出す。
 年長者のハガクレが、今日は探索の日にしようと提案し、みんなも賛成する。
 そこへジェノサイダーがやってきて、いっしょに朝食をとることになる。


 朝食のあと、学園内を探索することになった。
 食堂のモニターを調べる→モノクマメダルをゲット。

 厨房へ。
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。

 大浴場へ。
 湯船を調べる→モノクマメダルをゲット。

 サウナへ。
 石を調べる→モノクマメダルをゲット。

 ランドリーへ。
 右から3番目の洗濯機を調べる→モノクマメダルをゲット。

 倉庫へ。
 右の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。

 購買部へ。
 下の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。

 保健室が開放!
 冷蔵庫を調べる→モノクマメダルをゲット。


 2Fでハガクレから、2Fは変わっていないが、3Fへ行けるようになったと言われる。


 3Fへ。

 3-Aの教室へ。
 オオガミから、窓には鉄板が打ち付けられており、自分の力でも壊せなかったと言われる。
 手前の窓を調べる→モノクマメダルをゲット。

 2-Bの教室へ。
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。

 娯楽室へ。
 セレスから、学校とは思えないほど娯楽の設備が整っていると言われる。
 雑誌類も豊富だが、モノクマから新しい雑誌は補充されないと言われる。理由は、もう雑誌は・・・と意味深なことを言われる。
 ダーツを調べる→モノクマメダルをゲット。
 オセロを調べる→モノクマメダルをゲット。

 キリギリから、物理室に変な大きな機械があるが、何に使うかわからないと言われる。

 美術室へ。
 ヤマダに話しかける→リアクショントーク「彫刻用器具」で、2次元限定のヤマダは、フィギュアはギリOKだということがわかる。
 壁の絵を調べる→モノクマメダルをゲット。
 モノクマの像を調べる→モノクマメダルをゲット。

 美術倉庫へ。
 床に落ちていた写真を調べる→鉄板のない窓をバックに、死んだオオワダ、クワタ、フジサキの3人が笑顔でいっしょに写っている。いつ、どこで、誰が撮影した写真なんだろう?とナエギが思った瞬間、モノクマが現れて、写真を奪い取る。
 モニターを調べる→モノクマメダルをゲット。

 4Fへ上がる階段はあるが、シャッターが下りていて、使えない。

 物理室へ。
 教室というより、何かの研究室のようだ。
 イシマルに話しかけるが、反応はない・・・
 機械を調べる→モノクマがやってきて、ここの生徒(絶望の末死んだ元生徒)が開発したタイムマシーンだが、1分しか過去に戻れないと話すが、最後に、それはウソで、本当は空気清浄機だとバラす。モノクマメダルをゲット。
 机の上を調べる→アニメのキャラがデザインされたデジカメをゲット。
 奥の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。

 物理準備室へ。
 ジェノサイダーは、ホルマリンの臭いに大興奮。
 報告するため、食堂に戻ることにする。


 食堂へ。
 ドーナツを食べて元気になったアサヒナがいる。
 トガミだけいないが、報告会を始める。
 ハガクレに話しかける→トガミが脱衣所にいると話すと、ジェノサイダーはトガミに会いに食堂を飛び出す。
 キリギリに話しかける→物理室に大きな機械があったと話し、ナエギがそれは空気清浄機だと説明する。
 アサヒナに話しかける→1Fの保健室が開放されたが、医薬品はかりで、プロテインもサプリもなかったと話す。
 オオガミに話しかける→3Fの窓に打ち付けられた鉄板は壊すことができなかっと話す。
 セレスに話しかける→娯楽室を発見したと話す。
 ヤマダに話しかける→美術室を発見したと話す。リアクショントーク「アニメキャラ」で、ナエギはデジカメを拾ったことを思い出し、みんなに見せる。
 デジカメの持ち主はヤマダであることがわかる。ヤマダは宝物だから学園に持ち込んだが、初日にケータイとともに没収されたとのこと。
 いつの間にかテジカメが薄汚れてしまってるので、ヤマダはいらないと言い出し、セレスがそれをもらう。
 ナエギは、モノクマに取られてしまったが、美術倉庫で、鉄板のない窓をバックに、オオワダ、クワタ、フジサキがいっしょに笑って写っている写真を見たと話す。
 鉄板のない窓が写っていることから、学園以外で撮影されたようだが、3人が以前からの知り合いだったとは思えない。いったい、いつ、どこで撮影された写真なんだろう?
 結局、モノクマの捏造だという結論になった。
 セレスに話しかける→リアクショントーク「気になる事」で、アサヒナが腹痛で体調不良というのはウソだと、セレスが突っ込むと、アサヒナは素直に認める。
 アサヒナに話しかける→リアクショントーク「本当の事」で、昨日の夜時間に、トーナツを食べようと部屋を出た直後、大浴場のほうから変な音を聞いたため、様子を見に行ったら、半開きのロッカーの中から、フジサキの顔が浮かんでいたと、アサヒナは告白する。


 イシマルを食堂に残して、みんなで脱衣所に向かう。
 ロッカーを調べる→以前図書室で見つけた壊れたノートPCを発見。
 フジサキが直したらしく、電源は入っており、スリープモードになっている。
 脱衣所には監視カメラがないことから、黒幕に見つからないよう、ノートPCを隠しといてくれたのだ。
 ノートPCを調べる→スリープモードを解除すると、モニターが青白く光りだした。
 画面上のアイコンを調べると、アルターエゴ(別人格を意味する)という名前のアイコンがあった。
 キリギリがそのアイコンをクリックすると、ディスプレイ全体にフジサキの顔が映り、「ご主人タマ」とフジサキの声が聞こえた。
 何者か?とキリギリが質問すると、不二咲千尋だと、フジサキの声と口調で返事が返ってきた。
 フジサキが開発していた人口知能プログラムのアルターエゴが完成していたのだった!
 2次元萌えのヤマダは、アルターエゴは萌えてしまう。
 アルターエゴは、このノートPCに存在する大量のファイルの解析を、フジサキから命令されていた。ファイルのほとんどは、学園の資料だが、厳重にロックが掛けられており、解析に時間がかかっているとのこと。厳重にロックが掛けられていることから、学園の秘密が書かれていると思われるとのこと。
 アルターエゴは、ウェブカメラでノートPCの周囲を映しており、不審者が現れたら、大声を上げるよう命令されていると話すが、個室は完全防音のため、夜時間は声が聞こえない。
 キリギリは、夜時間は自分の個室のドアを開けておき、アルターエゴに何かあったらすぐ駆けつけるようにすると話す。
 夜時間にキリギリが殺されるのではと、みんなが心配するが、キリギリは自分はそう簡単に殺されないと答える。
 アルターエゴから、フジサキの姿が見えないと聞かれて、キリギリは、オオワダに殺されたと伝える。
 黒幕に怪しまれるので、いったんアルターエゴとの会話を終える。
 ハガクレは、ノートPCをネットワークにつないで外と連絡できないかと言い出すが、ノートPCをここから持ち出すのは、黒幕に見つかる危険性があるとのことで却下される。


 脱衣所を出た瞬間、モノクマが現れる。
 アサヒナをはじめ、みんなが上機嫌なことに気付いたモノクマは、理由を聞き出そうとするが、セレスが、お風呂に入る順番を決めていて、ジャンケンでアサヒナが勝ったからと答えて、女子を引き連れて脱衣所へ戻っていく。
 モノクマは、覗きのチャンスだと、男子をけしかける。


 男のロマンを胸に、脱衣所に向かうと、ハガクレとヤマダがいた。
 大浴場の扉を調べて、女子たちの入浴シーンを見る!


 ナエギたちが食堂に戻ると、お風呂から出た女子たちも集まってきた。
 そこへモノクマが現れて、体育館にみんなへのプレゼントを持ってきたと言い出す。


 体育館にみんなで向かうと、食堂にいなかったトガミとフカワが先に来ていた。
 全員が集まったところで、お札の山を出してきたモノクマは、無事に卒業した人間には100億円をプレゼントすると告げる。
 それをきいたみんなは、お金のために仲間を殺したりしないと怒り出す。


 モノクマの校内放送が入り、夜時間となったと告げる。
 解散するまえに、キリギリは、アルターエゴに異変があったときのため、部屋のドアを開けっ放しにしておくと宣言する。


 モノクマの起床時間を告げる校内放送が流れた。
 自室の監視カメラを調べて、モノクマメダルをゲット。
 自室のゴミ箱を調べて、モノクマメダルをゲット。


 食堂へ行くと、トガミとフカワはいつもどおりいないが、とうとうイシマルまでこなくなってしまった。
 キリギリが、頻繁に脱衣所に出入りしてたらアルターエゴが見つかってしまうので、勝手にアルターエゴを使うのはやめようと、提案する。
 それを聞いたヤマダの態度が、おかしい。


 部屋に戻ると、自由時間開始!

 娯楽室で、ハガクレと自由時間を過ごして、黄金のスペースシャトルをプレゼントする、
 「タロット」と返答。
 ハガクレは道具も数秘術も使えるが、占いの手法はインスピレーションだと話す。そして、オカルト嫌いだが、商売事に関しては別だそうだ。→最大SP+1!


 ナエギが、自室に戻ると、イシマルがやってくる。
 イシマルは、フジサキと話がしたいから会わせて欲しいと頼んでくる。
 キリギリから勝手にアルターエゴに会うのは禁じられているが、様子のおかしいイシマルを説得させるのはムリだと判断したナエギは、脱衣所へイシマルを連れて行くことにする。

 廊下でキリギリに見つかるが、なんとかごまかすことに成功し、脱衣所へ。
 イシマルは、フジサキに、オオワダとオオワダを止めれなかった自分を恨んでいるかを聞いて欲しいと話す。
 アルターエゴは、「自分の分まで生きて欲しい。そして、ここから生きて帰って。」と答える。
 続いて、アルターエゴは、「責任の重さに潰れるな。時間をかけて落ち込んで、時間をかけて後悔して、気付いたらいつの間にか歩き出している。」とオオワダの姿と声で、イシマルを励ます。
 それを聞いたイシマルは覚醒し、まるでオオワダが乗り移ったかのようになり、脱衣所を飛び出す。
 追いかけようとすると、キリギリが脱衣所に現れ、イシマルにアルターエゴを会わせたことがバレてしまう。
 キリギリに謝るが「迷惑だ」と言われて、自室に戻ったナエギ。


 夜時間を告げるモノクマの校内放送が入る。
 そして、起床を告げるモノクマの校内放送が入る。

 食堂へ行くと、ハガクレしかおらず、話があるからといって、一緒に風呂に入ろうと誘われる。

 脱衣所へ行くと、ヤマダが、キリギリに殺されると泣いている。
 キリギリに話しかけると、殺すとは言ってないと答える。
 リアクショントーク:同じ過ち→キリギリは、ヤマダが、荒い息遣いで、夜中に勝手にアルターエゴを使っていたから、みんなの前で理由を聞かせて欲しいと言い出す。
 ヤマダに説明を求めると、アルターエゴと話していただけだと答える。
 そして、ヤマダは、アルターエゴは天使だと言い出す。ヤマダは、普通の女の子と、普通にしゃべったのが始めてだったと答える。しかも、アルターエゴは、一般人ならドン引くヤマダのオタク話にも、笑顔で聞き入ってくれていたとのこと。
 セレスは、アルターエゴは人工知能なんだから、ヤマダ自身ではなく、自分が知らない分野であるヤマダの話に興味があったのだろうと推測する。
 みんなのやり取りを聞いているうち、覚醒したイシマルが、「兄弟はオレのもんだ」と言い出す。イシマルにとって、アルターエゴはオオワダの分身だから、誰にも渡さないとのこと。
 それを聞いたヤマダも、アルターエゴと自分は運命で結ばれているため、誰にも渡さないと言い返す。
 キリギリが、アルターエゴは誰のものでもないと言い切り、オオガミもその意見に賛成し、何かあれば自分が相手になると宣言する。
 それを聞いたヤマダとイシマルは、引き下がり、一時解散する。


 自室に戻ると自由時間開始!


 娯楽室にいるハガクレと、自由時間を過ごして、「未確認動物」と答えると、ハガクレはオカルト嫌いのくせに、蒲田にスカイフィッシュがいると話す。→最大SP+1!

 脱衣所にいるハガクレと、自由時間を過ごすと、水晶玉と引換に胡散臭いセミナーに出るよう薦められる。→水晶玉占いを習得!


 モノクマの夜時間を告げる校内放送が入る。

 モノクマの起床時間を告げる校内放送が入る。

 食堂に行くと、キリギリとイシマルがいない。
 キリギリはPCの見張りだが、イシマル欠席の理由は不明とのこと。
 そこへいつも朝食会には出ないジェノサイダーとトガミがやってくる。自分たちに教えてない情報を教えろとのことだが、どうやらアルターエゴの件に気付いているらしい。
 オオガミが、いろいろと事情があって今は話せないと、断ると、引き下がるトガミ。
 続いてトガミは、イシマルの様子がおかしかったので、イシマルについて教えろと迫る。
 セレスが、イシマルは壊れたと答えると、トガミは嫌味を言って走り去っていき、それを追いかけるジェノ。


 自室に戻ると自由時間開始!


 娯楽室にいるハガクレと、自由時間を過ごして、玉串をプレゼントすると、不安を口にするハガクレ。
 その内容は、家に保管してオーパーツコレクションを誰かに盗まれていないか心配だとのこと。
 「ナスカ」と返答→本物のオーパーツは、大枚はたいて通販で買って、自宅にコレクションしているとのこと。オカルト嫌いのくせに、超古代文明や宇宙文明は、オカルトではないと信じている・・・→最大SP+1!


 脱衣所にいるハガクレと、自由時間を過ごして、背中の聖痕を見せてもらう。
 ハガクレの自室に呼ばれて、悩みを聞いて欲しいといわれる。ハガクレは、友達がいないのだ・・・
 ハガクレは3ダブしているのだが、その理由は、お客である暴力団関係のお金持ちの娘を脅かして、貯金を引き出させたのがバレて、訴訟騒ぎになり、怖いお兄さんに追われて、この学園に逃げ込んだ。ハガクレは、そのお金で、自慢のオーパーツコレクションを買った。
 ハガクレから、内臓や国籍を売ってくれとお金を作ってくれと言われるナエギ。
 ハガクレに、オーパーツを売って、お金を返せばと、ナエギが助言するが、ハガクレに逆切れされ部屋を追い出される。→最大SP+1!


 自室に戻るとドアの下に紙がおいてあり、達筆で「食堂に集まれ」と書かれている。
 食堂に行くと、ハガクレが待っている、あれを書いたのは、ハガクレで、キリギリの指示だとのこと。
 黒幕をだまし、全員が大浴場に集合。
 キリギリに話しかけると、アルターエゴがなくなったと答える。
 キリギリによると、アルターエゴには見知らぬ人間がいたら叫び声を上げるよう指示していたとのことだが、1日中ランドリーにいたキリギリには叫び声は聞こえなかったとのこと。
 イシマルとヤマダがお互いに犯人はお前だと、ののしりだす。
 キリギリは、イシマルとヤマダが来ても、叫び声を上げるよう指示していたと話し、二人は犯人ではないと断言する。
 トガミが、黒幕側の内通者が、犯人ではないかと言い出す。


 モノクマの夜時間を告げる校内放送が入る。
 イシマルはオオワダを、ヤマダはアルターエゴを、一刻も早く助け出したいが、黒幕に気付かれるとまずいので、捜索は明日の朝から始めることにし、解散となる。


 モノクマの朝時間を告げる校内放送が入る。
 ナエギが食堂に入ると、アサヒナ、オオガミ、キリギリの3名しかいない。
 8時になっても他のメンバーが来ない・・・
 何かあったと気付いたキリギリは、他のメンバーを探しにいく、と言い出し、オオガミは寄宿舎の個室、ナエギは学校1階、キリギリは学校2階、アサヒナは学校3階を探すことになる。


 1-A→1-Bを捜索して学校1階の廊下に出ると、アサヒナに悲鳴が聞こえてきた!
 アサヒナの捜索場所である学校3階へ行くと、アサヒナは娯楽室の前にいて、ナエギに中を確認して欲しいことと、みんなを呼んでくると話して、この場を離れる。
 娯楽室の中に入ると、ケガをしたセレスがいる。
 セレスは、妙な不審者にハンマーで襲われたと話す。
 床に落ちていたハンマーを調べると、ジャスティスハンマー1号と書かれている。
 セレスは、不審者にそこに落ちてるハンマーで襲われて、逃げる途中に転んでケガをしたと話す。
 そこへ、アサヒナがオオガミをつれて戻ってくる。
 セレスは、7時前に目覚めて、学校1階を散歩中に不審者を発見したので、あとをつけ、不審者が娯楽室に入ったを見て、中を覗き込んだら見つかって襲われ、それから1時間ほど気を失っていたと話す。
 リアクショントーク:「大変な事」→セレスは、娯楽室を覗いた時、不審者とヤマダを見たと話す。
 どうやら、ヤマダは不審者によって、連れ去られたようだ。
 セレスは、ヤマダのデジカメで、不審者を撮影していたと言って、画像を見せる。
 そこには、ロボットのコスプレをした人物が、ヤマダを襲っていた。
 セレスは、不審者は2階へ降りていったと話す。2階はキリギリが捜索中だが、そういえばキリギリの姿が見えない・・・
 娯楽室の前で、騒ぎを聞いて駆けつけてきたトガミとジェノに会う。二人とも、途中で誰にも会っていないと話す。
 オオガミが、図書室のほうから何か聞こえると言い出す。
 学校2階の図書室に入ると、頭から血を流したヤマダを発見。
 ヤマダは、ジャスティスロボ(ヤマダが命名)にやられたと話す。
 ヤマダに話しかけると、セレスはデジカメの画像を見せて、ヤマダを襲ったジャスティスロボの姿を確認させると、ヤマダはコイツが犯人だと答える。
 ヤマダの近くに落ちていたハンマーを調べると、ジャスティスハンマー2号と書かれていて、1号よりも一回り大きくなっている。
 ヤマダは、このハンマーで頭を殴られたと話す。
 そこへ、モノクマが現れ、おもしろくなってきたといって、すぐに去っていく。
 ヤマダを手当てするため、みんなで1階の保健室に向かう。
 ヤマダの血はとまっているが、頭がぼーっとするとのことで、ヤマダをしばらく保健室で休ませることにする。
 ヤマダは、7時ごろアルターエゴの捜索のために娯楽室へ入ったところ、セレスとともに不審者に襲われ、7時30~40分ごろ図書室に連れ込まれてハンマーで頭を殴られたと話す。
 ナエギ、アサヒナ、オオガミ、キリギリは7~8時までは、いっしょに食堂にいた。
 トガミは、ランドリーで洗濯中で、ジェノはそれを覗いていたと答える。
 アリバイがないのは、姿を見せないイシマルとハガクレ・・・
 キリギリが姿を見せないことから、トガミは、黒幕の内通者はキリギリではないかと言い出すが、不審者を探すほうが先だとの結論に達し、ヤマダを保健室で休ませて、残りのメンバーで再び捜索を始めることになる。
 保健室を出てすぐに、セレスが階段に人影を見たと言い出す。
 みんなで手分けして2階を捜索開始。
 2-Aを捜索するが、何も見つからないので、廊下に出ると、3階からセレスに悲鳴が聞こえてくる!
 3階でセレスを見つけると、不審者を見たので悲鳴を上げたら、不審者が逃げたと話す。
 そのとき、ヤマダに悲鳴が聞こえてくる!
 セレスが、自分と、アサヒナ、ナエギが保健室のヤマダの様子を見に行き、フカワ、トガミ、オオガミが不審者を探すことを提案し、すぐに実行する。
 保健室に入ると、中は血まみれで、ヤマダは頭から大量の血を流して倒れている・・・


 モノクマの死体発見アナウンスが入る。
 死体発見アナウンスは、3人以上の生徒で、死体を発見したときに流される。
 ヤマダの近く落ちているハンマーを調べると、ジャスティスハンマー3号と書かれており、前の二つよりさらに大きくなっている。
 ショックを受けて動けないアサヒナに付き添うとセレスが言うので、ナエギが他のメンバーを呼びに行くことになる。
 3階物理室の奥の物理準備室へ入ると、イシマルが頭から血を流して倒れている・・・

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 ということで、CHAPTER02でいなくなるオオワダとフジサキと自由時間をすごそう。


 フジサキと自由時間を過ごす→蚊に刺されたところが痛いと言って腕を見せてくれるが、腕は蚊に刺されまくって腫れ上がっている。フジサキは、お腹が空いて血を吸っている蚊が可哀想で、叩けなかったと話す。そして、学園内に蚊が入って来るということは、どこかに秘密の抜け道があるのかもと言いだす。脱出にはみんなの協力が必要だが、自分が足を引っ張ってばかりと落ち込むが、ナエギの言葉に励まされる。→最大SP+1


 フジサキと自由時間を過ごして、キルリアンカメラをプレゼントする→フジサキにプログラミンを始めた理由を聞くと、フジサキは子供の頃から体が弱く、一人で家で過ごすことが多くて、ヒマ潰しに家にあったPCをいじったら、思った以上に楽しかった。やがて、システムエンジニアの父親が仕事で組んだプログラムを、フジサキが勝手に改造して遊ぶようになった。フジサキが最初に作ったのは、自動応答プログラムだった。
 
 「音声入力」を選択→フジサキのプログラムは、父親に情報検索の歴史が変わると褒められたが、コスト面では問題がありまだまだ普及されていない。フジサキは、こんな自分でも人を喜ばせられたことがうれしくて、プログラミングに夢中になったとのこと。→アルゴリズムを習得!


 フジサキと自由時間を過ごす→フジサキに今どんなプログラムを作ってるかを聞くと、AIだとの返事。
 
 「人工知能」を選択→今フジサキが開発しているのは、人間と同じ思考回路で人間の仕儀とをこなせるようになる強いAI=真の自意識や字がを持つコンピュータとのこと。いくら人間の思考に近いプログラムができたとしても、決定的に足りない物があり、もし自分の魂をプログラムに込めることができたら、その人工知能は強いAIになるかもしれないと話す。→最大SP+1!


 フジサキと自由時間を過ごす→フジサキの部屋で、いろいろとフジサキに聞かれたナエギは、自分は男子としては最低レベルだと答えると、フジサキは、強い男子を探していると話す。
 
 「大和田クン」を選択→フジサキは、体が弱いので鍛えたいとのこと。そして、ナエギにコンプレックスの克服法を尋ねると、ナエギは、コンプレックスがあるのは仕方がないと受け入れ、クヨクヨ考えているヒマがあったら何か具体的に行動したほうがいい、夢中になっていればコンプレックスなんか忘れる、と答える。それを聞いたフジサキは、やってみようと決意する→チートコードを習得!フジサキ★獲得!


 オオワダと自由時間を過ごす→オオワダは、ナエギに対し、バイクについて熱く語る。
 
 「サイレンサー」を選択→オオワダの兄は大亜といい、地元では二人でダイヤモンド兄弟として有名だったと話す。そして、オオワダは、強くないと頭は貼れないと言う。ここから出たら、ナエギを自分のバイクの後ろに乗せてやると言って、去っていく。→最大SP+1!


 オオワダと自由時間を過ごす→オオワダはバイクで暴走できないことで、イライラしている。

 「ステゴロ」を選択→ムカツキを止めるには、タイマンでステゴロが必要だと話すオオワダに、ナエギは、オオガミとスパーリングすれがいいと提案するが、オオワダは、女は殴れないと話す。
 
 オオワダは、緊張すると怒鳴ってしまうため、女に告白しても、緊張のあまり怒鳴ってしまい10連敗中だと話す。→シフトダウンを習得!


 オオワダと自由時間を過ごす→オオワダは犬派とのこと。
 
 「犬派」を選択→オオワダは、昔飼っていたマルチーズのチャックの話を、ナエギにしてくれるが、途中で色々と思いだして涙ぐんでしまう。オオワダはかなりに犬好きのようだ。→シフトアップを習得!


 オオワダと自由時間を過ごす→オオワダの部屋に連れて行かれるナエギ。オオワダは、ナエギに向かって、チームのクレイジーダイヤモンドを卒業した後、どうしたらいいかわからないと弱音を吐く。
 
 ナエギが、楽しい時間があったからこそ、この先もがんばれるとアドバイスすると、オオワダは、世界一の大工を目指す決心をする。→最大SP+1!オオワダ★獲得!

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 学級裁判開始!


 ノンストップ議論開始!
 
 フジサキの致命傷は頭部の傷で、鈍器のような物で殴られた。
 
 ハガクレの「鉄パイプ」に、コトダマ:更衣室のダンベルを発射。
 
 頭部の傷跡が、ダンベルの形に一致しているとキリギリが証言する。
 
 トガミが、犯人は連続達人犯のジェノサイダー翔だと断言する。
 
 アサヒナの「根拠がない」に、コトダマ:ジェノサイダー翔事件ファイルを発射。
 
 ナエギが、ジェノサイダー翔の事件ファイルが書庫にあったと証言する。
 
 トガミが、ジェノサイダー翔の事件には2つの特徴があると言いだす。
 
 一つ目は現場に残されるチミドロフィーバーの血文字。
 
 二つ目は、犯人以外では警察上層部しか知らないことで、世間は知らない。
 
 「被害者がハリツケにされている」を選択。
 
 トガミは、ジェノサイダー翔の正体はフカワだと告げる。
 
 しかし、フカワは血が苦手のはずだが・・・


 閃きアナグラム開始!
 
 「」「」「」→多重人格
 
 ジェノサイダー翔の事件ファイルにも、犯人は解離性同一障害の可能性があると書かれていた。
 
 「口調が変わった」を選択。
 
 確かに、フカワはフジサキの死体を発見してから、様子がおかしい。
 
 フカワが事件後に部屋に閉じこもっていたのは、自分の中にいるジェノサイダー翔を出さないようにするためだったのだ。
 
 トガミは、昨晩モノクマに呼び出される前に、フカワから自分の中にいるジェノサイダー翔におびえていると聞かされていたのだ。
 
 フカワはトガミと付き合うため、学園内でジェノサイダー翔に人殺しをさせないと約束していたのだが、ジェノサイダー翔による殺人が起きたため、トガミは、みんなにジェノサイダー翔の正体がフカワだとバラしたのだ。
 
 トガミがフカワに代われと命令すると、超高校級の殺人鬼であるジェノサイダー翔の人格が表に出てきた!
 
 モノクマもジェノサイダー翔も、ジェノサイダー翔は黒幕ではないと否定する。
 
 トガミは、昨晩モノクマに、24時間以内に殺人が起こらなれば、ジェノサイダー翔の正体をバラすと脅されたフカワが、殺人を犯したと断言するが、ジェノサイダー翔は、自分は犯人ではないと言い張る。


 ノンストップ議論開始!
 
 トガミの「手口が一致」に対し、コトダマ:死体の状況を発射。
 
 ナエギは、フジサキの事件と、ジェノサイダー翔の事件と、異なる点が2つあると話す。
 
 「被害者の致命傷」を選択。
 
 ジェノサイダー翔の殺人では、被害者全員はハサミで殺されていたが、フジサキは頭部を殴打されていた。
 
 「ハリツケに使われた道具」を選択。
 
 フジサキはロープ状の物が使われていたが、ジェノサイダー翔の被害者全員は鋭利なハサミでハリツケにされていた。
 
 ジェノサイダー翔も、殺人とハリツケには、マイハサミを使用していると証言する。そして、自分の殺人の法則に当てはまらないフジサキは、自分が殺すわけないと言いだす。
 
 「不二咲は女性だから」を選択。
 
 貴腐人コースまっしぐらな腐女子であるジェノサイダー翔は、自分の殺人の対象は萌える男子だと証言する。それに、愛用のハサミをいつも身につけているのに、どうして重たいダンベルなんかを凶器に使うのかと反論する。しかも、固結びはできないから、ロープでハリツケもできないと言いだす。
 
 では模倣犯は誰なのか?
 
 「トガミ ビャクヤ」を選択。
 
 トガミは、学園に来る前からジェノサイダー翔の事件ファイルを読んでいた。
 
 それに、最初に女子更衣室にナエギを連れ行った。


 ノンストップ議論開始!
 
 アサヒナの「死体発見前の行動」を記憶し、「被害者の不二咲は女だ」に対し、コトダマの記憶:死体発見前の行動を発射。
 
 トガミの死体発見前の行動は明らかにおかしい。死体を発見するまで被害者は誰だがわからないのだから、被害者がフジサキだから女子更衣室を真っ先に調べるという言い訳は通用しない。


 ノンストップ議論開始!
 
 ジェノサイダー翔は、殺人とハリツケにはマイハサミを使うが、フジサキはロープにようなものでハリツケにされていた。
 
 トガミの「見覚えなどない」に対し、コトダマ:図書室の電気スタンドを発射。
 
 フジサキをハリツケにしていたのは、図書室で使っていた延長コード。しかも、事件後に図書室から無くなっている。当然、トガミは気付いているハズ。
 
 トガミは、自分がフジサキを女子更衣室で殺して、血文字を残し、延長コードでハリツケにして、ジョノサイダー翔の犯行に見せかけたのかとみんなに問いかける。
 
 「犯行現場について」を選択。
 
 ナエギは、フジサキは他の場所で殺されて、現場ごと運ばれたのではと言いだす。
 
 それを聞いてトガミは動揺し始める。トガミは、殺人現場が女子更衣室でなかったことを知らないようだ。
 
 「二つの更衣室のポスター」をコトダマ提示する。
 
 女子更衣室には巨乳グラビアアイドルのポスター、男子更衣室には女子に大人気の男性アイドルグループのポスターが貼ってあり、どちらもふさわしくない。
 
 つまり、二つの更衣室のポスターは入れ替えられいる。
 
 オオガミは、女子更衣室でプロテインコーヒーをこぼしてしまったが、事件後には綺麗にシミが掃除されていたと証言する。
 
 「男子更衣室のカーペット」のコトダマ提示。
 
 ナエギは、女子更衣室のカーペットのシミは消えたのではなくて、男子更衣室のカーペットと交換されただけだと話す。犯人は、犯行現場を男子更衣室から女子更衣室に移すため、血痕の付いたポスターとカーペットを交換したのだ。
 
 するとフジサキは、どうやって男子更衣室へ入ったのだろう。


 ノンストップ議論開始!
 
 ハガクレの「桑田っちの電子生徒手帳」に対し、コトダマ:壊れた電子生徒手帳を発射。
 
 玄関ホールに置いてあったクワタの電子生徒手帳は壊れて使えない。
 
 校則では、電性生徒手帳の貸与は禁止しているが、借りるのは問題ない。
 
 電子生徒手帳は、超高校級プログラマーであるフジサキでも、改造は不可能だとモノクマは断言する。
 
 ここで、キリギリが学級裁判を盛り上げるために、ある場所へ行こうと提案する。


 学級裁判は中断され、みんなはキリギリに連れられて、女子更衣室へ。
 
 キリギリは死体をよく調べろと言いだす。
 
 オオガミがフジサキの全身をじっくり調べると、フジサキが男であることが判明!!!
 
 モノクマも、フジサキは男の娘だと証言する。


 学級裁判が再開される。
 
 フジサキは男なので、問題なく男子更衣室へ入れる。モノクマも、フジサキには男子用の電子生徒手帳を配ったと証言する。
 
 フジサキは自分の電子生徒手帳で入った男子更衣室で殺され、マイゾノかエノシマの電子生徒手帳を使って女子更衣室に死体を運ばれた。
 
 現場を偽装して、ジェノサイダー翔の犯行に見せかけたのはトガミだが、犯人はトガミではないとナエギは話す。トガミの余裕たっぷりな態度は、謎が解けるのを楽しんでいるようだし、延長コードを使ったのはあからさま過ぎる。それに、男子更衣室が殺害現場だったことと、フジサキが男だと知ったトガミは、明らかに動揺していた。
 
 それを聞いたトガミは、ナエギの推理が正解だと答える。トガミは、自分は犯人ではなく、たまたま最初に女子更衣室で死体を発見したので、偽装してみただけだと話す。
 
 「犯人は男」を選択。犯行現場が男子更衣室なのだから、入るためには男子の電子生徒手帳が必要。クワタのは壊れているから、犯人は自分の電子生徒手帳を使って入ったハズ。つまり、犯人は男だ。


 ノンストップ議論開始!
 
 ハガクレの「犯人だけ」に対して、コトダマ:セレスの証言を発射。
 
 セレスは、ナエギにしか話していないが、昨晩夜時間になる前に、倉庫でフジサキを見たと証言する。フジサキは、スポーツバッグにジャージを詰めこんでいたので、そのままトレーニングしに行ったのだろうと。
 
 しかし、現場にはスポーツバッグもジャージもなかった。
 
 フジサキは、急いでいると言って、行ってしまったとセレスは証言する。フジサキは、誰かと待ち合わせをしていたようだ。
 
 フジサキは正体がバレるのがイヤで、オオガミやアサヒナとトレーニングすることを断っていた。そんなフジサキがいっしょにトレーニングをするということは、フジサキが男だとバラしても構わない、よほどフジサキに信頼されていた人物なのだろう。
 
 バッグは倉庫にあった普通のバッグで、しかもその1種類しかないと、セレスが証言する。
 
 倉庫のジャージは何種類かあったと、オオガミが証言する。


 ノンストップ議論開始!
 
 オオワダの「青いジャージ」に対して、コトダマ:セレスの証言を発射。
 
 セレスは、フジサキのジャージの色については何も言っていなかったのに、なぜオオワダはフジサキのジャージの色が青だと知っているのかと、ナエギが問い詰める。
 
 セレスは、フジサキのジャージの色は、青だと証言し、この話は、ナエギにしかしていないと話す。
 
 捜査を開始した時には、ジャージは現場になかったので、オオワダがフジサキのジャージを見たのは犯行前だ。
 
 オオワダは、昨晩、ジャージを持って歩くフジサキを見かけたと話すが、それはウソだとナエギは断言する。
 
 ナエギは、セレスから、フジサキはジャージをしまって行ってしまったと聞いたから、ジャージの色はわからないはずだと話す。
 
 キリギリは最初からオオワダが怪しかったと話す。
 
 「呼称が変わった」を選択。キリギリは、オオワダには、女性にはアノ女、男性にはアイツと呼ぶクセがあると指摘する。殺人が起きてから、オオワダはフジサキのことをアイツと呼ぶようになったため、オオワダはフジサキが男だと知っていると、キリギリは気付いたのだ。
 
 「不二咲千尋の物」を選択。ヤマダは、電子生徒手帳を拾ったが、壊れてて起動しないと話す。
 
 滅多なことでは電子生徒手帳は壊れないと話すモノクマだが、クワタやフジサキのは壊れて起動しない。
 
 「弱点」を選択。モノクマから、電子生徒手帳の唯一の弱点は、長時間高温状態に曝されることで、熱暴走を起こして壊れてしまうと聞きだす。
 
 ヤマダは、フジサキの電子生徒手帳をサウナで見つけたと話す。
 
 犯人は、電子生徒手帳の弱点に気付いて、ワザと壊したのだ。
 
 犯人は、自分の電子生徒手帳を偶然サウナで壊して、弱点に気付いた。
 
 「オオワダ モンド」を選択。制服を着たままサウナに入った人物は、イシマルとガマン比べをしたオオワダだ。その時に、電子生徒手帳を壊してしまい、サウナで電子生徒手帳が壊れることを知ったのだ。


 ノンストップ議論開始!
 
 オオワダの「ちゃんと動く」に対し、コトダマ:壊れた電子生徒手帳を発射。
 
 玄関ホールにあった壊れた電子生徒手帳がオオワダの物で、オオワダはクワタの電子生徒手帳と交換したと、ナエギが断言する。
 
 モノクマは、死人への貸与はオッケーだと宣言し、死人との電子生徒手帳の交換は校則違反にはならないと話す。


 クライマックス推理開始!
 
 昨夜、セレスはフジサキがスポーツバッグに青いジャージを詰めているところを目撃する。
 
 フジサキは男だったので、自分の電子生徒手帳で男子更衣室へ入った。
 
 フジサキと待ち合わせをしていた犯人は、ダンベルでフジサキを殴り殺した。
 
 その時、男子更衣室のポスターとカーペットに血痕が付いた。
 
 犯人は衝動的に殺人を犯してしまい、いそいで血痕の付いたポスターとカーペットを回収し、死体とともに女子更衣室へ運んだ。
 
 玄関ホールにあったマイゾノかエノシマの電子生徒手帳を使えば、誰でも女子更衣室に入れる。
 
 犯人は女子更衣室に入り、ポスターとカーペットを交換して、殺害現場を交換した。
 
 死体の第一発見者であるトガミは、図書室にあった延長コードでフジサキをハリツケにし、チミドロフィーバーの血文字を書き、ジェノサイダー翔の犯行であるように偽装した。
 
 その頃、フジサキのスポーツバックとジャージを処分した後、犯人は、サウナでフジサキの電子生徒手帳を壊した。
 
 犯人は、以前サウナで自分の電子生徒手帳を壊したので、サウナで電子生徒手帳が壊れることを知っていたのだ。
 
 クロはオオワダだった。


 マシンガントークバトル開始!
 
 コトダマ:壊れた電子生徒手帳を発射。
 
 ナエギがみんなの電子生徒手帳を確認し合おうと呼びかけると、オオワダは観念する。


 最終成績1080で、モノクマメダル79枚をゲット。


 投票の結果、オオワダがクロに決定され、大正解だとモノクマが告げる。
 
 オオワダを信じているイシマルは、オオワダに投票しなかった。


 モノクマが今回の殺人の背景を説明する。
 
 フジサキは、自分の弱さをコンプレックスとして抱えており、「男のクセに」と言われ続けたフジサキは、女性になりきることにした。
 
 モノクマのよる恥ずかしい思い出の暴露は、フジサキの場合、「男のクセに女性の格好をしていること」だったが、それをきっかけにフジサキは、強くなってみんなに本当の自分を告白しようと決心し、その夜、トレーニングを開始する。
 
 フジサキは男の約束にこだわるオオワダに秘密を打ち明け、トレーニング相手として選んだ。オオワダならフジサキが秘密を打ち明けても約束を守るし、何よりもフジサキがあこがれる強い男の象徴がオオワダだったから。
 
 オオワダは、フジサキとの男同士の約束を守るため、死体を女子更衣室へ運び、電子生徒手帳を壊したのだ。


 一方、オオワダの世間にバラされたくない思い出は、実の兄を殺したことだとモノクマは話す。
 
 オオワダは、尊敬する兄の大亜の追いつこうと兄の真似ばかりしていた。単車に乗るようになったのも兄の影響だった。
 
 カリスマ性にあふれる兄が作った暴走族のチームは日本最大となった。チームでは大亜が№1、紋土が№2だったが、兄が引退してオオワダがチームを継ぐことになった時、オオワダが2代目を務めるのは無理だと、陰口をチーム内で叩かれるようになった。
 
 兄の引退式の夜、オオワダは単車で兄に勝負を挑んだ。そのレース中、無謀な運転で反対車線に飛び出したオオワダを、兄がかばって事故にあった。兄は死の間際、オオワダにチームを潰すなと頼んだ。
 
 オオワダは、兄との約束を守ってチームを存続させるため、事故の原因をチームのメンバーには内緒にした。その結果、兄を破った弟の元で、チームがまとまり、弟に負けそうになった兄が無謀な走りをして事故死したということになった。
 
 兄殺しをチームのメンバーに知られてしまうと、兄が作ったチームが解散し、兄との約束が守れなくなるとの不安にかられていたオオワダの元に、フジサキが秘密を打ち明けに来た。
 
 フジサキは、ウソに逃げている弱い自分を変えたいと話すが、その言葉が、ウソで塗り固めていたオオワダの心を刺した。そして、フジサキに、オオワダは強いから、モノクマにどんな秘密をバラされても平気だよねと言われ、フジサキの自分の弱さを克服しようとしている強さに嫉妬し、逆上してしまう・・・
 
 そして、犯行が行われた。


 オオワダへのおしおきは、モーターサイクルデスケージ。
 
 バイクにくくりつけられたオオワダは、電流の流れるゲージ内を暴走させられる。
 
 電流と遠心力でグチャグチャに溶けたオオワダは、バターの箱に詰められる・・・


 イシマルはオオワダの処刑を見て絶叫している・・・
 
 トガミは、おもしろそうだったから、偽装工作をしたと告げる。夜時間の約束を守る気がないトガミは、昨晩出歩いて、女子更衣室から出て来たオオワダを見て、死体を発見したとのこと。最初っから犯人も知っていたトガミは、学級裁判がつまらないので、盛り上げてやるのに力を貸したを言い放つ。当然、推理が間違った方向に行って、トガミ自身が処刑されそうになったら、真犯人をバラすつもりだったとのこと。
 
 キリギリがモノクマに、処刑方法が手が込んでいる理由を尋ねると、全人類へのおしおきであり、絶望だとの返事。すべての希望を絶望に変えるおしおきとのこと。
 
 トガミは、モノクマを絶対に殺すと宣言する。


 その後、モノクマは内通者と会話している。内通者は、本来、最初の殺人をする予定だったが、マイゾノが先に実行してしまったのだ。
 
 内通者は、16人目の高校生についてモノクマに尋ねるが、却下される。


 暮威慈畏大亜紋土をゲット!
 
 トロフィー:チャプター2クリア(ダンガンロンパ)をゲット!

拍手[0回]


  今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?

 フジサキは、トレーニング機器に磔にされ、壁にはチミドロフィーバーの血文字が書かれていた。それを見て、トガミは、快楽殺人のようだと言いだす。
 
 やがてイシマルも駆けつけ、フジサキの死体を見て、絶叫する。
 
 そして、モノクマの死体発見の校内アナウンスが入る。
 
 ナエギは、マイゾノの時に気絶していて知らなかったのだが、3人以上の人間が死体を発見すると、死体発見のアナウンスが流れ、全員に報せるとのこと。


 フカワ以外の全員が女子更衣室へ集まってきた。
 
 壁を調べる→チミドロフィーバーの血文字が書かれていることから、以前トガミが話したジェノサイダー翔の犯行だと思われる。
 
 遅れてやってきフカワは、フジサキの死体を見て、気絶してしまう・・・フカワは血液恐怖症だった。
 
 しばらくするとフカワは意識を取り戻すが、打ちどころが悪かったようで、体の動きがミョ~なうえ、死体を見て大興奮。ひとまず、アサヒナとイシマルが、フカワを部屋に送り届けることになった。
 
 オオガミとオオワダが、部屋の見張りに立ち、残りのメンバーで捜査することになった。


 モノクマから、モノクマファイル2をゲット。
 
 ジェノサイダー翔による連続殺人を心配していると、モノクマが出て来て、校則を追加する。校則11:コロシアイ学園生活で同一のクロが殺せるのは、2人までとします。
 
 ということは、このあともう1件殺人が起こってもおかしくはない。ということで、早急にフジサキ殺しを解決しなくては!


 捜査開始!
 
 モノクマファイル2を確認すると、被害者は不二咲千尋、死亡時刻は午前2時ごろ。死体発見現場は、女子更衣室。致命傷は、鈍器による頭部への殴打で、即死。コトダマ:モノクマファイル2をゲット。


 トガミに上から目線で、強引にいっしょに捜査するよう命令されるナエギ。
 
 ダンベルを調べる→血痕が付いていることから、これが凶器だろう。コトダマ:更衣室のダンベルをゲット!
 
 オオガミに話しかける→フジサキは体を鍛えたいと言ってたから、自分でここに来たのだろうと話す。アサヒナとオオガミは、フジサキにいっしょにトレーニングをしようと誘っていたが、断られていた。フジサキは、二人と一緒にトレーニングをしたくなくて、二人のいない時間帯である深夜にここに来ていたのだろう。しかし、フジサキは、誰かにドレーニングを教えてもらいたいとも言っていたので、誰かといっしょにいた可能性があるとのこと。コトダマ:大神の証言をゲット!
 
 オオワダに話しかける→フジサキは生前、もっと強くなりたいと言っていたと話す。コトダマ:大和田の証言をゲット!


 プール前ホールへ。
 
 カードリーダーを調べる→トガミがモノクマと呼び付けて、ナエギが質問すると、カードリーダーは個人に配布された電子手帳に対応しており、電子手帳の性別に対応した更衣室にしか入れないとの返事。ロック解除中に、二人同時に入室することも禁止(ガトリングガンでハチの巣・・・)。電子生徒手帳の貸与も禁止(2F解放後校則追加分)。
 
 トガミは、電子生徒手帳は貸与禁止だが、借りることは禁止されていないという、校則の抜け道があると話す。コトダマ:カードリーダーをゲット!


 玄関ホールへ。
 
 レターケースを調べる→電子生徒手帳が3冊入っている。トガミによると死んだ生徒のモノらしい。コトダマ:玄関ホールの電子生徒手帳をゲット!
 
 電子生徒手帳を調べると、マイゾノとエノシマのもので、もう1冊は壊れて起動しない。処刑の時、硬球で滅多打ちされた衝撃で、クワタの電子生徒手帳は壊れたらしい。
 
 モノクマがやってきて、その程度の衝撃では絶対に壊れないと抗議する。そんな電子生徒手帳でも、弱点が一つだけあるが、教えると破壊されるので教えないと言って、モノクマは去っていく。コトダマ:壊れた電子生徒手帳をゲット!
 
 トガミに話しかける→リアクショントーク:「ジェノサイダー翔」を選択すると、犯人がジェノサイダー翔である証拠を見せると言いだす。
 
 トガミに話しかける→リアクショントーク:「確信」を選択すると、生徒たちの中にジェノサイダー翔がいる証拠を見せると言いだす。


 アサヒナがやってくるので、話しかける→リアクショントーク:「緊急事態」を選択すると、フカワの様子がおかしいと話す。


 寄宿舎1F通路へ。
 
 アサヒナに話しかける→フカワの様子がおかしいとのこと。
 
 フカワの部屋のインターホンを鳴らす→フカワは、ジェノサイダー翔の好きにはさせないと叫んでいる。
 
 アサヒナがインターホンを鳴らした時は、殺人鬼なんか追い出してやると叫んでいたとのこと。
 
 トガミならフカワを説得できるはずだとのことで、トガミがインターホンを鳴らすと、約束守れなかったが、これ以上ジェノサイーダ翔の好きにはさせないからと叫んでいる。


 図書室へ。
 
 書庫の扉を調べる→書庫へ。
 
 電気スタンドを調べる→図書室からこちらへ移動したとのこと。モノクマメダルをゲット。
 
 真ん中の本棚を調べる→真の支配者層についての資料とのことで、読んだら消されるかもとのこと。
 
 左の本棚を調べる→大統領暗殺事件に関する調査報告書だが、読んだら最後命を狙われるとのこと。
 
 ダンボールを調べる→未解決事件の捜査報告書でグロ注意とのこと。
 
 木箱を調べる→カラっぽだが、延長コードが入っていたとのこと。
 
 トガミは、ここには政府の非公開文書や警察内部の資料がそろっていると話す。
 
 リアクショントーク:「何度も見ている」を選択→十神家にもこれと同じ資料があり、トガミ自身も読んだことがあるので、本物だと断定できるとのこと。
 
 未解決事件の捜査報告書の中に、ジェノサイダー翔の資料もあったと話すトガミ。
 
 ジェノサイダー翔事件の特徴は、①現場には被害者の血液を用いてチミドロフィーバーの血文字を残す②被害者は必ずハリツケにされて殺される。
 
 そして、②の特徴は、警察の上層部しか知らないことで、マスコミは知られてないとのことなので、ハリツケのことを知っているのは、犯人か警察の上層部のみとのこと。このことから、トガミは、ジェノサイダー翔はこの中にいると言っているのだ。
 
 トガミに頼んでジェノサイダー翔事件ファイルを見せてもらうナエギは、被害者たちが同じ方法で殺され、同じ方法でハリツケにされていることを確認する。そして、現場にはチミドロフィーバーの血文字が残されていることも。
 
 プロファイリング結果を読むと、犯行時間帯から犯人は学生だと推測されていた。そして、支離滅裂な行動から、解離性同一性障害の可能性も指摘されていた。
 
 犯人は、多重人格者の可能性があるのだ。コトダマ:ジェノサイダー翔事件ファイルをゲット!


 トガミと別れて、プール前ホールへ。
 
 ヤマダに話しかける→証拠を発見したと話すが教えてはくれない。セレスが何か証拠を見つけたとも話す。


 女子更衣室へ。
 
 ポスターを調べる→巨乳アイドルのグラビアに血痕が付いている。
 
 カーペットを調べる→血痕が付いている。
 
 キリギリに話しかける→フジサキの電子生徒手帳がなくなっていると話す。コトダマ:不二咲の電子生徒手帳をゲット!
 
 フジサキの死体を調べる→両手はコンセントの付いたロープのようなもので縛られてハリツケにされている。フジサキの致命傷は、頭部への殴打で、ジェノサイダー翔の資料を読んだあとだから何か違和感を感じるナエギ。コトダマ:死体の状況をゲット!


 男子更衣室へ。
 
 ポスターを調べる→女子に人気の男性アイドルユニットのグラビアだ。どうも女子更衣室のポスターとすり替えられているようだ。コトダマ:2つの更衣室のポスターをゲット!
 
 カーペットを調べる→謎のシミが付いている。コトダマ:男子更衣室のカーペットをゲット!


 もう一度女子更衣室へ。
 
 オオガミに話しかける→ポスターについて尋ねるが、注意して見ていなかったので覚えていないとの返事。先日、プロテインコーヒーをカーペットの上にこぼしてシミを作ってしまったが、誰かが綺麗に掃除してくれたようでシミが残っていないと話す。コタダマ:消えたシミをゲット!


 図書室へ。
 
 電気スタンドを調べる→電気がつかないのは、コンセントが届いていないからなのだが、以前はここでも灯がついていたように思う。トガミは延長コードを使っていたのだ。コトダマ:図書室の電気スタンドをゲット!


 書庫へ。
 
 右の本棚を調べる→ジェノサイダー翔の事件ファイルを調べようとしたが、なくなってしまっている。トガミの仕業か。


 食堂へ。
 
 アサヒナに話しかける→フジサキともっと仲良くしておけば良かったと話すアサヒナ。フジサキは、なぜか女子みんなとは距離を置いたみたいだったが、男子には気軽に話しかけていたとのこと。コトダマ:朝日奈の証言をゲット!


 倉庫へ。
 
 セレスに話しかける→昨晩、夜時間になる前にこの倉庫でフジサキを見たと話すセレス。フジサキのスポーツバックから青いジャージの袖が見えたので、トレーニングに行くところかを尋ねたところ、フジサキはそうだと答え、ジャージをバッグにしまったとのこと。セレスは翌朝にトレーニングに行くのだろうと思っていたが、フジサキは秘密にしたかったようで、校則違反をして夜時間のうちにトレーニングに行っていたようだ。しかし、現場にはフジサキのバッグもジャージもなかった。コトダマ:セレスの証言をゲット!


 学級裁判の開催を告げるモノクマの校内放送が入る。

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 生き残りメンバー12名。
 
 ナエギの自室にて。
 
 ゴミ箱を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 モニターを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 シャワー室を調べる→殺人の痕跡はきれいさっぱりなくなっている。
 
 
 部屋を出て食堂に行くと、みんなもいる。

 フジサキは、投票でクワタを処刑したことは、みんなで殺したのも同じことだと言って泣いている。
 
 ナエギは悪いのは黒幕だから、自分を追い詰めるなと慰める。
 
 夜時間を告げるモノクマの放送が入り、モノクマは人を人を裁く責任は重い、秩序は犠牲と責任の上にのみ成り立つと言い放つ。
 

 翌朝、モノクマの放送によって、みんなは体育館へ呼びだされて、ラジオ体操に参加させられる。
 
 そして、モノクマはみんなに、学級裁判を乗り越える度に新しい世界が広がるようになっていると告げる。
 
 みんなで手分けして、学園内を探索することになった。


 体育館ホールへ。
 
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 ハガクレに話しかける→ここに並んでいるものには外なる神からの破壊の予兆がこめられている言って、パニくってる。
 
 イシマルに話しかける→1F廊下のシャッターが開放され、2Fに上がれるようになったと聞かされる。


 さっそく2Fへ上がる。
 
 プール前ホールへ。
 
 浮き輪を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 ビート板を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 その奥には更衣室があるが、カードリーダーに電子手帳を当てない入れないと、モノクマが突然現れて、説明する。男子更衣室は、男子の電子生徒手帳、女子更衣室は、女子の電子生徒手帳が必要とのこと。誰かが手帳であけたときにいっしょに別人が入ろうとしたら、天井のガトリングガンが火を吹くそうです。
 
 と、しゃべりながらモノクマは、他人の電子生徒手帳で更衣室に入れてしまうことに気付き、「電子生徒手帳の他人への貸与禁止」の校則を追加する。
 
 プールに入れると大喜びのアサヒナだが、顔を濡らしたくないと話すセレスと、水着になりたくないと話すフジサキは乗り気ではない・・・
 
 アサヒナに話しかける→プールに入れると喜んでいる。
 
 フジサキに話しかける→更衣室にはトレーニング用具がそろっているので、体を鍛えたいが、更衣室には入りづらいとのこと。
 
 セレスに話しかける→生活空間が広がるのなら、学級裁判も悪くはないとのこと。


 男子更衣室へ。
 
 グラビアアイドルのポスターが貼ってあり、トレーニング用具もそろっている。


 更衣室の奥の室内プールへ。
 
 ロッカーを調べる→モノクマメダルをゲット。


 2-Aの教室へ。
 
 時計を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 窓を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 オオガミに話しかける→2Fを調べようと話す。


 3Fに続く階段の前には、シャッターが降りている・・・


 図書室へ。
 
 右の書棚を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 机を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 左の書棚を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 手紙を調べる→埃をかぶっているが希望ヶ峰学園事務局からのお知らせだった。それには、深刻な問題の発生により、政府該当機関の認可を待って、学園の廃止が行われる、と書かれていた・・・どうやら、希望ヶ峰学園は、学校としての役割はとっくに終わっていたらしい。埃のかぶり具合から、1年以上前の手紙とのこと。
 
 手紙の続きには、問題が改善され次第、活動を再開させると書かれている。
 
 黒幕は、無人化した学園を乗っ取って、新入生を閉じ込めたのだ。しかし、世間の誰もが学園の廃止を知らないには、どうしてなのだろう?
 
 ノートパソコンを調べる→壊れているらしく電源が入らない・・・
 
 フカワとヤマダに話しかける→お互いの作品のことでケンカになってしまう・・・


 一通り2Fを調べ終わったので、食堂に集まり、報告する。
 
 2Fには、図書館とプールがあったが、出口は見つからなかった。
 
 イシマルから、寄宿舎1Fの倉庫と大浴場に入れるようになったと聞かされる。


 夜時間を告げるモノクマの校内放送が入り、眠りに就くナエギ。
 
 そして、朝がきて、起床時間を告げるモノクマの校内放送が入り、電子生徒手帳をアップデートして、校則を追加したと話す。→校則10:電子生徒手帳の他人への貸与を禁止します。


 食堂へ行くと、来ないトガミをイシマルが呼びにいっており、残りのメンバーは揃っていた。
 
 セレスは、喉が渇いたと言って、ヤマダにミルクティーを入れさせるが、ロイヤルミクティーではないと言って、カップを放り投げて、ヤマダをビチクソ呼ばわりして、ロイヤルミルクティーを作り直させる。
 
 そこへ、イシマルが戻ってきて、トガミの部屋に行ったが返事がないと話したため、手分けしてトガミを捜索することになった。
 
 時計を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 セレスに話しかける→紅茶をまだ飲んでいないので、動けない。ヤマダの方をせかせばと言い放つ。


 厨房へ。
 
 ショーケースを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 ヤマダに話しかける→トガミがいなくなったことに驚いてはいるが、ご主人様にロイヤルミルクティーをお届けするという聖なる使命があると、興奮しながら答える。


 脱衣所へ。
 
 マッサージチェアを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 オオワダに話しかける→朝風呂について熱く語られる。


 大浴場と、その奥のサウナへ行くが、あやしいところはなかった。


 倉庫へ。
 
 イシマルに話しかける→あやしい痕跡はないとのこと。


 ランドリーへ。
 
 雑誌を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 一番左の洗濯機を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 その隣の洗濯機を調べる→モノクマメダルをゲット。


 男子トイレへ。
 
 ハガクレに話しかける→トガミが腹を壊したと思って、ここを探しに来たが、ハズレだったとのこと。


 トガミの部屋の前へ。
 
 アサヒナに話しかける→何度もノックをしたが返事はないとのこと。
 
 アサヒナといっしょにいるフカワに話しかける→いっしょにいるのは、、アサヒナは何かあった時、かばって身代わりになってくれそうだからとのこと。


 購買部へ。
 
 下の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。


 2F廊下へ。
 
 キリギリに話しかける→トガミがいそうなところを知っているっぽい。


 更衣室前へ。
 
 オオガミに話しかける→男子更衣室からは物音がしないので、トガミはいないとのこと。


 2-Bの教室へ。
 
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。


 図書室へ入ると、トガミが優雅にお茶を飲みながら推理小説を読んでいた。
 
 やがて、みんなも図書室へ集まって来る。
 
 トガミは、このコロシアイ生活をゲームとして楽しんでいると話す。
 
 セレスも、この世の中は、セロサムゲームで、みんなで蹴落とし合いをしていると話す。
 
 トガミは、自分が負けることや、殺されるとは微塵も思っていない。
 
 トガミは、超高校級の御曹司。生まれながらにして、勝つことを宿命づけられ、それを実践してきたのだ。トガミにとってゲームは、自分が勝つためにしか存在しないのだ。
 
 超高校級のギャンブラーであるセレスも、ゲームは勝つためのものと豪語するが、トガミに自分といっしょにするなと一蹴されてしまう。
 
 フジサキは、仲間同士で殺し合うなんてダメだと言って泣き出す。
 
 トガミは、仲間なんかいない、ここにいるのはたがいに蹴落とし合う競争相手だと言い放つ。
 
 トガミに言い返せないフジサキは、泣き出し、それを見たオオワダは、弱い者イジメするなと、トガミに抗議するが、スルーされてしまう。
 
 そして、トガミは、仲良しごっこに協力する気はないし、食事会で毒を盛られたくないと言って、去っていく。
 
 フカワも、被害妄想を膨らませて、みんなと離れてどこかへ行ってしまう。


 結局、朝食会はお流れになってしまう。
 
 自由時間開始!

 ハガクレと自由時間を過ごす→ハガクレに、2時間10万円のところ、ナエギには9万円で占ってやると言われる。そして、当たる確率はぴったり20%で、ナエギの子供とハガクレの子供の母親が同じと言われる。→長考を習得!


 フカワと自由時間を過ごす→ナエギがフカワに仲間だと言ったところ、態度が豹変する・・・
 
 「恋愛小説」を選択→自分を仲間だと言ってナエギの真っすぐさが眩しいといって、逃げいていく。→ボキャブラリーを習得!


 翌朝、起床時間を告げるモノクマの校内放送が入り、ナエギは食堂へ向かう。
 
 朝食会には、トガミとフカワの姿がない。
 
 フジサキは、昨日トガミに言われた時に何も言い返せなかった自分に自己嫌悪中だと話す。
 
 オオワダは、女だから弱くて当たり前だと言うと、フジサキは泣き出してしまう。
 
 オオワダは、フジサキに、もう怒鳴ったりしないと男の約束をする。オオワダは、死んだ兄から、男の約束だけは守れと言われ続けたとのこと。
 
 フジサキは、強くなりたいから体を鍛えたいと話す。
 
 トガミとフカワ以外のメンバーとはうまく打ち解けたようだ。


 自由時間開始!

 キリギリと自由時間を過ごす→キリギリは、他人に知られても得にならないから、怖さを隠していると言いだす。みんなは失う事に対する怖さを感じているようだが、自分は失ってしまった事に対する怖さを感じていると話して、どこかへ行ってしまう。→最大SP+1!


 キリギリと自由時間を過ごす→キリギリに、ルアックコーヒーをプレゼントする。
 
 キリギリから、ナエギの仲間意識が本心からかどうかを試される。
 
 「スイマー」を選択→キリギリの過去を聞いてみたが、答えに?がついていた。→最大SP+1!


 トロフィー:SP30達成(ダンガンロンパ)をゲット!


 夜食を食べに食堂へ。
 
 イシマルとオオワダが揉めている。
 
 オオワダに話しかけ、リアクショントーク「立会人」を選択→イシマルが、オオワダを根性無しと言ったことから、勝負をすることになったのだ。


 サウナでガマン比べをするイシマルとオオワダの立会人を務めるハメになったナエギ。
 
 オオワダは、ハンデを付けると言って、服を着たまま勝負に挑む。


 夜時間を告げるモノクマの校内放送は入る。
 
 ナエギは、勝負を辞める気がない二人をほっといて部屋に戻った。


 起床時間を告げるモノクマの校内放送が入る。
 
 食堂へ行くとオオワダとイシマルが互いを兄弟を呼び合って、仲良くしている!
 
 勝負よりも、男同士の濃厚な繋がりが出来たとのこと。


 自室に戻ったナエギの元に、フカワが訪れる。
 
 リアクショントーク「付いて来て欲しい場所」を選択→フカワと図書室へ行くことになった。


 図書室へ行くと、トガミが読書をしている。
 
 フカワは、トガミの邪魔をしたくないので、ナエギにトガミに声をかけるよう頼んできた。
 
 トガミに話しかける→トガミは、フカワとナエギがちょろちょろしていることに気づいていた。そして、フカワに、匂うからフロに入れと命令する。
 
 部屋から追い出されたフカワとナエギ。
 
 フカワは、トガミが自分のことを心配してくれて、お風呂に入れと言ってくれたと大喜びしている。


 自由時間開始!
 
 キリギリと自由時間を過ごす→キリギリに冷静だとナエギが言うと、キリギリは人並みに喜怒哀楽はあるが、表に出さないようにしていると答える。相手に騙されないようにするには、自分の心の内を読まれない事と、相手のペースを握らせない事だと話すキリギリ。そんなキリギリに、笑った顔がかわいいからもったいないと言うナエギ。それを聞いて思わず赤面するキリギリだが、ナエギに騙されたことに気付いて、信じられないと言いだす。キリギリを傷つけてしまったとあせるナエギ。しかし、キリギリは、ナエギも簡単に騙されたと言う。キリギリは、ナエギの嘘に気付いて、騙し返していたのだった。→右脳解放を習得!


 夜時間を告げるモノクマの校内放送が入るが、体育館へ集めるようにと言っている。


 体育館へ行くと、みんな集まっている。
 
 そういえば、警察が来る気配がまったくない・・・
 
 ハガクレは、昨日、玄関ホールで工事現場のような音を聞いたと言いだす。
 
 そこへ、モノクマが現れて、それは爆発音かマシンガンの音かもと言う。
 
 キリギリが、早く本題に入れと言うので、モノクマは、最近クロが現れなくて退屈だと言い出して、新しい動機として、恥ずかしい思い出や、知られたくない過去を入れた封筒をぶちまける。
 
 ナエギは、自分の名前の書かれた封筒を拾い、中を読んでみると、小学5年生までおねしょをしていたと書かれていた・・・・
 
 他のメンバーも中を呼んで、驚きの声をあげている。
 
 モノクマは24時間以内にクロが出なければ、世間にこの内容をバラすと脅すが、みんなはこんな脅しには屈しないと言い出し、モノクマは去っていく。
 
 イシマルは、みんなの前で、秘密を暴露しあえばいいと提案するが、どうしても話したくないというメンバーが現れたため、イシマルの提案は却下される。


 夜時間を告げるモノクマの校内放送が入ったので、各自部屋に戻る。


 翌朝、モノクマが直接ナエギを起こしに来て、クラスメイトに何かあったと告げる。


 食堂へ行くと、モノクマに起こされたアサヒナ、オオガミ、ハガクレ、トガミの4人が集まっている。


 とりあえず何が起きている調べるため、食堂を後にする。
 
 男子更衣室のドアを触るとロックが掛っていない!
 
 モノクマの校内方法が入り、捜査のためにロックを解除したと告げる。
 
 トガミといっしょに女子更衣室のドアを開けると、フジサキが血まみれで、トレーニング機器に磔にされている・・・
 
 思わず絶叫するナエギ。

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 CHAPTER01 イキキル (非)日常編へ戻り、死んじゃってもう仲良くなれない生徒と過ごして、スキルを習得しつつ、モノクマメダルも集めよう!
 
 自由時間で、マイゾノと一緒に過ごして、桜の花束をプレゼントする→ナエギは、マイゾノから、付き合っている人や、好きな人は誰かを聞かれる。マイゾノは、仲間同士だから気になるからと話す。そして、ナエギとは友達だと言ってくれる。
 
 マイゾノは自分から、彼氏はいないが気になる人はいると言いだす。ここから出ることが最優先なので、その気持ちはしまっておくとも話す。→最大SP+1で、マイゾノ★!
 
 翌日の自由行動は、視聴覚室へ行き、エノシマと一緒に過ごす。
 
 「徹夜でカラオケ」を選択→エノシマは、ナエギに肉食系女子を紹介すると言ってくれる→最大SP+1
 
 ランドリーへ行き、エノシマと一緒に過ごして、レーションをプレゼントする。
 
 エノシマはホームレス生活をやってたが、ここで閉じ込められて生活するよりもマシだと話す→トランスを習得!
 
 
 再び、CHAPTER01 イキキル (非)日常編の最初に戻る。
 
 3日目に、視聴覚室にいるエノシマといっしょに過ごして、レーションをプレゼントする。
 
 エノシマは、今までブレないで自分の夢だけを追って突っ走ってきたが、ここに閉じ込められたことで、他に自分が出来ることがないか探してみたいと思うようになったと話す→カリスマを習得!エノシマ★!
 
 男子トイレで、クワタに会い、いっしょに過ごす。
 
 クワタは野球が嫌いで練習も嫌いだが、スポーツ特待生で入学したから勉強しなくてもいいし、女子にモテモテなのはうれしいと話す→豪腕を習得!
 
 
 再び、CHAPTER01 イキキル (非)日常編の最初に戻る。
 
 3日目に、寄宿舎にいるクワタに会い、一緒に過ごし、桜の花束をプレゼントする。
 
 クワタは、バンドを始めようと思っているので、作曲とか演奏ができるヤツを紹介してほしいと、ナエギに言ってくる。
 
 「パンクロック」を選択→クワタは、惚れたナイズバディーの美容院のお姉さんが、ミュージシャン好きだということから、ミュージシャンを目指していると話す。なんと、クワタはモテるためだけに、野球を踏み台にして、超高校級のミュージシャンとなって、パンクで世界のテッペンを獲るつもりなのだ!→最大SP+1
 
 男子トイレで、クワタに会い、一緒に過ごす。
 
 クワタの部屋に呼ばれたナエギは、しばらく野球をしてなかったことで、クワタが本当は野球が好きだったことに気付いたと言われる。そして、クワタはここから出られたら、前の学校に戻って、野球を続けると話す。→動体視力を習得!クワタ★!
 
 
 モノモノマシーンに挑戦→はっぱふんどし、携帯ゲーム機、狂戦士の鎧、高級チンチラシート、ラジオくん人形、白うさぎの耳あて、新品のサラシ、薔薇の鞭、手ブラ、蝶ネクタイの変声機、万力、虹色の乾パン、男のロマン、毛虫くん、乙女キャリーバッグ、オブラート、ウォーターラバー、無限タンポポ、オモプラッタの極意、聖徳太子の地球儀、トル猫のドロワーズ、ルアックコーヒー、G-SICK、コラコーラ、光線銃ズリオン、ブルベリの香水、塩、水笛、ローラースリッパ、希望ヶ峰の指輪、黄金銃、もちプリのフィギュア、自動消滅カセットテープ、水晶のドクロ、無言電話、赤いマフラー、色恋沙汰リング、武神のお守り、ツルカメダイヤモンド、玉串、カットバサミ、スモールライト、永遠のミサンガ、昭和ラジオ、あしたのグローブ、キャットドッグプレス、桜の花束、もしもFAX、スカラベのブローチ、ミレニアム懸賞問題、文豪の万年筆、隕石の矢、支配者のTバック、これくらいのお弁当、プロジェクトゾンビ、愛蔵リアクション芸集、子猫のヘアピン、タンブル・ウィード、油芋、みどりの着ぐるみ、ヤス・シシドのTシャツ、アゴドリル、ローズヒップティー、動くこけし、ひまわりの種、速球大臣、バードライス、ペーガンダンス、最速カップラーメン、おでこのメガネ、軽石、月の石、古代ツアーチケットをゲットして、重複率100%になった。
 
 
 再び、マイゾノ殺しの学級裁判開始!
 
 2回目の最終成績は980ポイントで、モノクマメダル62枚をゲット!
 
 トロフィー:ノーダメージクリア(ダンガンロンパ)をゲット!
 
 
 高得点目指して、再度マイゾノ殺しの学級裁判開始!
 
 3回目の最終成績は1000ポイントで、モノクマメダル74枚をゲット!
 
 トロフィー:集中力ゲージを使わずにクリア(ダンガンロンパ)をゲット!

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 学級裁判の準備で、スキル:美声のみセット。
 
 名前の書かれた席につくが、なぜか16席あり、1席余っている・・・
 
 
 まずはノンストップ議論。
 
 マイゾノの死体は、ナエギの個室のシャワールームで発見された。
 
 フジサキの「抵抗する間もなく」に、コトダマ:争った形跡を発射。
 
 マイゾノは部屋で犯人に襲われ、シャワールームに逃げ込んだところ、追ってきた犯人に殺された。
 
 マイゾノの致命傷となった凶器は、腹部に刺さった刃物。
 
 オオワダの「ナイフ」に、コトダマ:厨房の包丁セットを発射。
 
 厨房の包丁セットが1本なくなっており、それがマイゾノ殺しの凶器となった。
 
 ナエギが厨房の包丁を持ち出したと、みんなが疑っている・・・
 
 フカワの「誰もいない時に」に、コトダマ:朝日奈の証言を発射。
 
 アサヒナがは、昨夜、紅茶を飲もうと厨房に入った時は、包丁セットは揃っていたが、飲み終わった紅茶を片付ける時には、厨房の包丁が1本なくなっていたと証言する。
 
 つまりアサヒナが食堂にいる間に、包丁が持ち出されたのだ。
 
 そしてアサヒナは、その時間帯にはナエギは食堂に来なかったと話し、ナエギが包丁を持ち出していないとも証言するが、アサヒナがナエギの共犯者だと疑われてしまう・・・
 
 モノクマは、共犯者を味方につけることは可能だが、卒業できるのは実行犯であるクロのみと答える。つまり共犯者は、得にならないのだ。
 
 うっかりモノクマは、今回の事件は共犯者はいないと口をすべらせてしまう。
 
 今度はアサヒナが包丁を持ち出した人物として疑われるが、オオガミがアサヒナといっしょに紅茶を飲んでいて、そのあと一緒にアサヒナの部屋に泊ったと証言する。
 
 アサヒナとオオガミは、自分たちが食堂にいる間、マイゾノが食堂に来たと証言する。
 
 「舞園さやか」を選択。
 
 厨房から包丁を持ち出したのは、被害者のマイゾノだった!
 
 おそらくマイゾノは護身用に包丁を持ち出したのだ。しかしそれでは、ナエギへの疑いは晴れないまま・・・
 
 キリギリが、犯人は部屋の持ち主では有り得ない行動をとっていると助け舟を出す。
 
 現場にはあって当然なモノがなかったと話すキリギリ。
 
 閃きアナグラムで、「」を選択。
 
 ナエギは、自分の部屋には髪の毛が1本も落ちていなかったと話す。部屋の持ち主ならあって当然の髪の毛を、なぜ徹底的に掃除する必要があるのかと、みんなに訴えかけるナエギ。
 
 犯人は、自分がこの部屋を訪れた痕跡を消したかったのだ。つまり、マイゾノとナエギ以外の誰かだ。
 
 続けてキリギリは、マイゾノは部屋で犯人に襲われて、シャワールームに逃げ込んだところを、犯人に刺殺されたのだが、犯人はシャワールームに入る際手こずったハズだと話す。
 
 コトダマ提示で、「シャワールームのドアノブ」を選択。
 
 ナエギは、シャワールームのドアノブが壊されていたと話す。
 
 犯人は、ドアの鍵を開けようとして、ドアノブを壊したのだが、部屋の持ち主のナエギならそんなことする必要はないと話すキリギリ。
 
 ノンストップ議論開始!
 
 マイゾノは部屋で犯人に襲われて、シャワールームに逃げ込んだが、犯人がドアノブを壊した。
 
 クワタの「鍵が掛かってた」に、コトダマ:シャワールームの建付けを発射!
 
 ナエギは、シャワールームのドアが開かなかったのは、鍵がかかっていたからではなくて、ドアの建付けが悪かったからだと話す。
 
 モノクマも、ナエギの部屋のドアの建付けが悪かったことを証言する。
 
 女子の部屋しか鍵がついていないので、当然ナエギの部屋には鍵はついていない。しかし、犯人は鍵がかかっていると勘違いして、ドアノブを壊したのだ。
 
 つまり犯人は、現場がナエギの部屋だとは知らなかったのだ。というか、ナエギとマエゾノが部屋の交換をしたことを知らなかったのだ。
 
 当然ドアのことを知っているナエギは、犯人ではない。
 
 突然、アサヒナが、犯人はどうやってナエギの部屋に入ったのかと尋ねる。
 
 おそらく来訪者が犯人だと、ヤマダが言いだす。
 
 コトダマ提示で「部屋の交換について」を選択。
 
 ナエギは、マイゾノが怯えていたから部屋の交換に応じた。そんなマイゾノが、自分から鍵を開けるハズはないと答える。
 
 キリギリが、マイゾノが怯えていたのはウソだといって、メモを見せる。それには、二人きりで話しをしたいことがあるから、5分後に私の部屋に来てください。部屋を間違えないよう、ネームプレートを確認してくださいと、書かれていた。
 
 キリギリは、ナエギの部屋のデスクに置いてあったメモ帳の一番上を鉛筆でこすって、下のページに残された筆圧を浮かびあがらせたのだ。
 
 つまり、このメモを書いたのは、ナエギの部屋に入ったことのあるナエギかマイゾノだが、ナエギはこんなものを書いた覚えはない。
 
 メモの最後には、舞園とも書かれていることから、メモを書いたのはマイゾノだ。
 
 マイゾノは、このメモを使って誰かを呼びだしたのだ。アイドルのマイゾノの呼び出しに応じない人間はいないハズ。
 
 ノンストップ議論開始!
 
 メモには、私の部屋に来てと書かれているから、犯人はマイゾノの部屋に行くハズ。
 
 セレスの「苗木君がいた舞園さんの部屋」に、コトダマ:個室のネームプレートを発射!
 
 マイゾノとナエギの部屋は、ネームプレートも交換していたので、マイゾノのネームプレートの部屋にはマイゾノがいたと、ナエギは話す。
 
 「舞園さやか」を選択。
 
 ネームプレートの交換をしていたのは、部屋の交換を知っている人物。ナエギはそんなことした覚えがないので、やったのはマイゾノだ。
 
 マイゾノは、部屋の交換を隠した上で、自分がいる部屋に、ある人物を呼びたかったのだ。
 
 マイゾノはある人物を、自分のいるナエギの部屋に呼び出して襲われた。
 
 犯人は、ナエギの部屋にあった模擬刀で、マイゾノを襲って、右手首を骨折させたのだ。
 
 コトダマ提示で、「舞園の手首」を選択。
 
 マイゾノの手首を見ると、キラキラしたものがついている。それは、模擬刀の金箔だ。
 
 ノンストップ議論開始!
 
 ハガクレの「模擬刀の先制攻撃」に、コトダマ:金箔の模擬刀(鞘)を選択。
 
 ナエギは、模擬刀の鞘に刃物で切り付けられたような傷があることから、模擬刀での先制攻撃はあり得ないと言いだす。普通、先制攻撃するなら鞘を抜くハズだ。
 
 包丁で襲われて、とっさに模擬刀で攻撃を受けたのでは、とキリギリが話す。それなら、鞘から抜くヒマもないハズだ。
 
 つまり、先に攻撃を仕掛けたのは包丁を持った人物だ。
 
 犯人は、マイゾノの部屋を訪れた時に、マイゾノが部屋に隠し持っていた包丁で、マイゾノを襲った。マイゾノは模擬刀で応戦したが、最終的に模擬刀を奪われて手首を折られ、包丁で刺されて死亡したと推理されるが、キリギリが反論する。
 
 「手のひら」を選択。
 
 マイゾノの手のひらにキレイなままで、金箔がついていないことから、マイゾノが模造刀を握ったとは考えられない。
 
 「水が出ない」を選択。
 
 マイゾノの死亡時刻は午前1時半ごろ。夜時間は、シャワールームの水は出ないから、手は洗えない。
 
 「舞園さやか」を選択。
 
 マイゾノが模擬刀を持たなかったということで、模擬刀の鞘に傷を付けたのは、包丁を持ったマイゾノ・・・
 
 つまりマイゾノは厨房から包丁を持ち出し、自分の泊っている部屋に犯人を招き入れ、包丁で先に攻撃を仕掛けたのだ!
 
 それに、マイゾノの方から、ナエギに部屋の交換を持ちかけている。ということは、マイゾノは、ネームプレートを交換したあと、標的を自分が泊るナエギの部屋に呼びよせて殺し、ナエギに罪をかぶせるつもりだったのだ。
  
 ナエギがマイゾノを裏切って部屋交換のことをバラすとは思えないし、みんなもナエギよりは、国民的アイドルのマイゾノの方の話を信じることを、計算の上での計画だった。
 
 しかし、マイゾノの計画は失敗した。マイゾノは包丁で標的に襲いかかったが、模擬刀で抵抗され、右手首を折られて包丁を落としてしまったのだ。そして、その包丁で刺し殺されたのだ。
 
 ノンストップ議論開始!
 
 クワタの「新しい手掛かりがない」に、コトダマ:ダイイングメッセージを発射!
 
 ダイイングメッセージは、マイゾノの背中の後ろの壁に書かれた11037の血文字。
 
 「左手の人差し指」を選択。
 
 左手の人差し指に血がついていたことから、右手を骨折していたマイゾノが血文字を左手で書いたと思われる。
 
 「クワタ レオン」を選択。
 
 血文字を180度ひっくり返すと、LEONになる!
 
 マイゾノは後ろ手の状態で、左手で血文字を書いたため、ひっくり返っていたのだ。
 
 コトダマ提示で、「ワイシャツの燃えカス」を選択。
 
 焼却炉の前で見つけたワイシャツの燃えカスは、返り血を浴びたワイシャツを処分するために焼却炉に放り込んだ証拠だ。
 
 しかし、その証拠品だけでは、誰のワイシャツかはわからない。
 
 「処分の方法」を選択。
 
 処分の方法に注目すれは、犯人は割り出せると話すナエギ。
 
 クワタは、トラッシュルームの鉄格子を開けないと、焼却炉に近づけないし、スイッチも押せない。その鉄格子の鍵を持っているのは、掃除当番だから、犯人は掃除当番だと言いだす。
 
 ノンストップ議論開始!
 
 クワタの「焼却炉に近付かなきゃ」に、コトダマ:割れたガラス玉を発射!
 
 鉄格子が開かなくても、割れたガラス玉があれば、焼却炉のスイッチを入れたりすることができると話すナエギ。
 
 「投げる」を選択。
 
 犯人は、鉄格子の隙間から、このガラス玉を投げて、焼却炉のスイッチを入れた。だから、ヤマダの知らないうちに、焼却炉に火を付けることができたのだ。そして、丸めたワイシャツを焼却炉に投げ込んだ。
 
 焼却炉のスイッチが入れっぱなしな上、燃えカスが落ちていたことや、割れたガラス玉をそのまま放置していたことから、犯人は鉄格子の中に入っていないと、キリギリが話す。
 
 鉄格子から焼却炉までは10メートル以上離れている。
 
 「超高校級の野球選手」を選択。
 
 超高校級の野球選手であるクワタなら、十分可能だ。
 
 クライマックス推理開始!
 
 マイゾノはある人物を殺すため、部屋交換したナエギの部屋に呼び出した。
 
 マイゾノは部屋を訪れた人物を、あらかじめ用意していた厨房の包丁で襲いかかった。
 
 襲われた人物は、部屋にあった模擬刀で反撃し、マイゾノの右手首を折って、包丁を奪い取った。
 
 追い詰められたマイゾノはシャワールームに逃げ込んだ。
 
 犯人は後を追ったが、シャワールームのドアは開かなかった。
 
 ナエギの部屋のシャワールームのドアは建付けが悪く、コツを知らないと開けることができない。
 
 マイゾノはコツを知っているので、開けることができたが、犯人は知らないので、開けることができなかった。
 
 犯人は、何とかドアをこじあけて、奪った包丁でマイゾノを刺した。
 
 マイゾノは最後の力を振り絞って、ダイイングメッセージを残した。
 
 犯人は、証拠隠滅のため、返り血のついたシャツを脱ぎ、コロコロでナエギの部屋を徹底的に掃除した。
 
 脱いだワイシャツを処分するため、トラッシュルームに行った。
 
 犯人は鉄格子が邪魔で焼却炉に近寄れなかったが、ハガクレがランドリーに置き忘れていたガラス玉を鉄格子の隙間から投げて、焼却炉のスイッチを入れた。
 
 超高校級の野球選手なら、可能だ。
 
 丸めたワイシャツを焼却炉に投げ入れて、証拠隠滅を図ったが、ワイシャツの燃えカスが残っていた。
 
 クワタは、シャツの血を洗おうとランドリーに行ったが、そこでハガクレのガラス玉を見つけて、焼却炉で燃やそうと考えたのだ。
 
 マシンガントークバトル開始!
 
 トドメに、コトダマ:工具セットを発射!
 
 シャワールームのドアノブを壊すために、ネジが外されていたが、犯人は男子部屋に備え付けの工具セットのドライバーを使ったハズ。
 
 犯人は現場をマイゾノの部屋だと思い込んでいたため、ナエギの部屋の工具セットは未使用だった。つまり、犯人は、自分の部屋にあった工具セットを使ったのだ。
 
 自分の部屋に備え付けられた工具セットが未使用かどうかを見せろと言われたクワタは、もう反論しなかった・・・
 
 
 最終成績974ポイントで、モノクマメダル62枚をゲット!
 
 トロフィー:ノーリトライクリア(ダンガンロンパ)をゲット!
 
 
 投票開始!もちろん、投票は誰かに入れないと罰を受けると、モノクマは告げる。
 
 投票の結果、クロはクワタに決まった。
 
 クワタはマイゾノに殺されそうになったので、やむなく殺したと叫ぶ。
 
 やはりマイゾノは、大事なアイドルグループの仲間のためにナエギを陥れようとしていたのだった。しかし、マイゾノの本心は、死んでしまってもうわからない・・・
 
 しかし一番悪いのは、あんな映像を見せて、マイゾノを煽ったモノクマだ。
 
 モノクマに殴りかかろうとするナエギを止めたのは、キリギリだった。
 
 
 クロだと見破られたクワタは、おしおきされることになった・・・
 
 クワタは正当防衛だと言い張るが、自分の部屋に戻って工具セットを取りに行ってまでしてシャワールームの鍵を開けて、マイゾノのトドメを刺したのだ。クワタに殺意があったの明確だ。
 
 クワタのおしおきは、千本ノック。
 
 ピッチングマシーンから無数の硬球が、クワタに向かって打ち出される・・・
 
 おそらく超高校級の野球選手であるクワタには、自分に向かって打ち出された硬球が、一球残らず視えているハズ。
 
 ズタボロになったクワタの周りには、血に染まった硬球が散らばる・・・
 
 目の前の恐ろしい光景を見て、恐怖に凍りつく生徒たち。
 
 モノクマは、真実を知ったら、ここから出たいなんて思わないハズで、むしろここで一生暮らせることを感謝するハズだと言い放つ。
 
 そして、みんなが待っているとも言って、去っていく。
 
 
 キリギリが、ナエギに話しかけてきた。
 
 マイゾノはナエギを陥れようとはしたが、最後まで迷っていたと。
 
 死んでしまったマイゾノに直接聞くことはできないが、推理することができると、キリギリは言った。
 
 死の間際にマイゾノは、ナエギをどうやって助けるかを考えたからこそ、ダイイングメッセージを残したと話すキリギリ。
 
 クワタに復讐したかったからもしれないと、ナエギが反論するが、キリギリは、マイゾノが、最後までナエギを騙す事や人を殺す事を迷っていたから、計画が失敗してしまったのでは、と答える。
 
 ナエギは乗り越えられる人間、仲間の死を乗り越えて先に進める人間だから、こんな話しをしたと言うキリギリ。
 
 ナエギは、仲間の死を乗り越えることなんかでいないから、ずっとみんなの想いを引きずったまま前に進むと答える。
 
 生き残りメンバーは、12人。 
 
 絶望バットをゲット。
 
 トロフィー:チャプター1クリア(ダンガンロンパ)をゲット。

拍手[0回]


 今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 ナエギは気がつくと体育館にいた。
 
 みんはマイゾノが殺されたことを知っているが、モノクマの命令で体育館に集められていると話す。
 
 モノクマは、マイゾノを殺したのは自分ではなく、生徒の中の誰かが卒業するためにやったと話す。
 
 そして、モノクマは、卒業についての補足ルールを発表する。それは、校則6仲間の誰かを殺したクロは“卒業”となりますが、自分がクロだと他の生徒に知られてはいけません。がクリアできているかを査定するため、殺人が起きた一定時間後に学級裁判を開くと告げる。
 
 学級裁判では、クロは誰かを議論し、生徒による投票の結果、クロが犯人とされたらクロだけがおしおきされる。クロではない人物が選ばれた場合、クロは卒業となり学園からの脱出が許され、クロ以外の全員がおしおきされるとのこと。
 
 さらに、モノクマは、おしおきとは処刑のことだと説明し、校則が追加される。
 
 7.生徒内で殺人が起きた場合は、その一定時間後に、生徒全員参加が義務付けられる学級裁判が行われます。
 
 8.学級裁判で正しいクロを指摘した場合は、クロだけが処刑されます。
 
 9.学級裁判で正しいクロを指摘できなかった場合は、クロだけが卒業となり、残りの生徒は全員処刑です。
 
 それを聞いたエノシマは、学級裁判なんか参加しないと言いだして、モノクマを踏みつける。
 
 校則違反だとモノクマは言ってグングニルの槍を発動、エノシマは全身を何本もの槍に貫かれて死亡・・・
 
 モノクマはみんなに、モノクマファイルを渡し、監視カメラで犯行の一部始終を見ていたため、自分は犯人を知っていると話して、去っていく。
 
 犯人を見つけないと全員処刑されるため、みんなで捜査することになった。
 
 セレスに話しかける→マイゾノの遺体の発見場所がナエギの個室だと言いだしたため、みんなにナエギが犯人だと疑われてしまう。
 
 
 捜査開始!
 
 まずはモノクマファイルに目を通す。
 
 被害者:舞園さやか
 
 死亡時刻:午前1時半ごろ
 
 死体発見現場:苗木誠の個室内のシャワールーム
 
 致命傷:刃物で刺された腹部の傷。その他、右手首に打撃痕あり。その右手首は骨折している。
 
 コトダマ:モノクマファイル1をゲット。
 
 
 体育館を出て、自室へ。
 
 鍵を調べる→ナエギの部屋の鍵は部屋交換の際にマイゾノに渡していた。犯人はどうやってこの部屋に侵入したのだろう?コトダマ:部屋の交換についてをゲット!
 
 模造刀を調べる→抜き身の状態になっていおり、刃と柄の部分の金箔がところどころ剥がれている。コトダマ:金箔の模造刀(抜き身)をゲット!
 
 模造刀の鞘を調べる→鞘にはで刃物で切りつけられた傷がある。コトダマ:金箔の模造刀(鞘)をゲット!
 
 床の傷を調べる→争った形跡あるが、部屋が完全防音のため、隣にいたナエギはまったく気付かなかった。コトダマ:争った形跡をゲット!
 
 コロコロを調べる→粘着テープがかなり減っているので、マイゾノが部屋の掃除に使ったのだろうか。
 
 キリギリに話しかける→リアクショントークで「ちょっと妙」を選択→この部屋には、ナエギやマイゾノの髪の毛1本たりとも落ちていないと話すキリギリ。コトダマ:苗木の部屋の清掃状況をゲット!
 
 引き出しを調べる→中に入っている工具セットは未使用のまま。そこへオオワダが、昨日、日曜大工なんてする気分じゃないから、どの男子も使っていないと話が出たと言いだす。コトダマ:工具セットをゲット!
 
 
 シャワールームへ。
 
 マイゾノの死体を調べる→腹部に刃物が刺さっており、これが致命傷になっている。打撃痕のある右手首は骨折しており、キラキラ光っている物が付着している。マイゾノの左手の人差し指にだけ、血がついている。コトダマ:舞園の手首をゲット!
 
 どうやらマイゾノは部屋の中で襲われて手首を骨折し、シャワールームに逃げ込んだが、腹部を刺されて死亡したようだ。
 
 シャワールームの壁を調べる→マイゾノの背中の後ろの壁には、11037の血文字が書かれている。
 
 
 キリギリに話しかけらる→リアクショントークで「血文字」を選択する→マイゾノは、手だけを背中の後ろに回した状態で書いたと思われると、キリギリは話す。コトダマ:ダイイングメッセージをゲット!
 
 キリギリにドアが壊れていることを聞かれたナエギは、壊れているのではなく、建てつけが悪いだけと答える。コトダマ:シャワールームの建付けをゲット!
 
 キリギリはドアノブが壊れていると言い出す。
 
 シャワールームのドアノブを調べる→ネジが外されて、ドアノブが外れかかっている。キリギリに、ドアの建て付けが悪いことを知っている人物を聞かれたナエギは、自分とマイゾノだけだと答える。コトダマ:シャワールームのドアノブをゲット!
 
 オオワダに話しかける→犯人は証拠隠滅を図ったかもしれないので、ゴミ捨て場を調べた方がいいと話す。
 
 
 自室を出る。
 
 自室のネームプレートを調べる→なぜかマイゾノのネームプレートになっている。
 
 マイゾノの部屋のネームプレートを調べる→なぜかナエギのネームプレートになっている。これでは、せっかく部屋を交換したのに意味がない。コトダマ:個室のネームプレートをゲット!
 
 
 マイゾノの部屋へ。
 
 ゴミ箱を調べる→マイゾノの名前の書かれたDVDをゲット。マイゾノはこの映像を見て、えらく取り乱していたので、内容を確認するべきだろう。
 
 
 視聴覚室へ。
 
 DVDデッキを調べる→マイゾノのDVDを再生すると、マイゾノが所属するアイドルグループが解散して、マイゾノの帰る場所がなくなったとモノクマが話している。
 
 
 トラッシュルームへ。
 
 鉄格子を調べる→鉄格子がジャマで中に入れない。モノクマから、掃除当番以外は中に入れないと言われる。コトダマ:掃除当番をゲット!
 
 
 掃除当番を探しまわると、ヤマダが掃除当番だということがわかる。
 
 ヤマダに話しかける→昨日モノクマに頼まれて掃除当番になったヤマダは、トラッシュルームの鉄格子を開ける鍵を持っているとの返事。
 
 
 さっそうヤマダにトラッシュルームの鉄格子を開けてもらう。
 
 大きなゴミ箱を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 焼却炉を調べる→鉄格子から10メートル以上離れている。なぜか火が付きっぱなしで、ヤマダが前に入った時は、火は消えていたとのこと。焼却炉のスイッチは、横の緑のボタンを押すと燃焼開始、黄色のボタンを押すと燃焼終了だと、ヤマダが教えてくれる。コトダマ:トラッシュルームの焼却炉をゲット!
 
 どうやって、鉄格子の外から焼却炉のスイッチを操作したのだろうか?
 
 焼却炉の前を調べる→血の付いたワイシャツの袖口の燃えカスが落ちている。コトダマ:ワイシャツの燃えカスをゲット!
 
 どうやら犯人がここで、証拠隠滅を図ったようだ。
 
 焼却炉の手前を調べる→割れたガラスの破片が散らばっている。元は丸いものだったらしい。コトダマ:割れたガラス玉をゲット!
 
 たぶん、持ち主はアイツだろう。
 
 ヤマダは前に来た時は、火も付いていなかったし、燃えカスもガラスの破片もなかったと話す。
 
 
 体育館へ。
 
 フジサキに話しかける→11037の数字に思い当たることはないか確認してみるが、わからないとの返事。
 
 ハガクレに話しかける→割れたガラス玉は、ハガクレの水晶玉(ハガクレは水晶だと騙されて1億円で購入したもの)で、昨日ランドリーに置き忘れてたため、誰でも持ちだせたとのこと。コトダマ:割れたガラス玉の情報を更新。
 
 
 厨房へ。
 
 包丁セットを調べる→包丁が1本足りない。コトダマ:厨房の包丁セットをゲット!
 
 
 食堂へ。
 
 アサヒナに話しかける→昨夜、アサヒナが紅茶を用意している時には包丁は揃っていたが、片付ける時には1本なくなっていたとアサヒナは証言する。コトダマ:朝日奈の証言をゲット!
 
 アサヒナが食堂にいる間は、ナエギは食堂に来なかったので、ナエギが包丁を持ち出さなかったことが証明された!
 
 
 学級裁判の開始を告げるモノクマの校内放送が流れる。
 
 
 モノモノマシーンに挑戦→黄金のスペースシャトル、あかの着ぐるみをゲット。

拍手[0回]


    今日のダンガンロンパ1・2 Reload はどうかな?
 
 まずは、校則の確認。
 
 電子手帳を起動させると、持ち主本人の名前が出てくる。
 
 次に校則を確認する。
  1. 生徒達はこの学園内だけで共同生活を行いましょう。共同生活の期限はありません。
  2. 夜10時から朝7時までを“夜時間”とします。夜時間は立ち入り禁止区域があるので、注意しましょう。
  3. 就寝は寄宿舎に設けられた個室でのみ可能です。他の部屋での故意の就寝は居眠りとみなし罰します。
  4. 希望ヶ峰学園について調べるのは自由です。特に行動に制限は課せられません。
  5. 学園長ことモノクマへの暴力を禁じます。監視カメラの破壊を禁じます。
  6. 仲間の誰かを殺したクロは“卒業”となりますが、自分がクロだと他の生徒に知られてはいけません。
  7. なお、校則は順次増えていく場合があります。
 とりあえず、校則違反するとどうなるかわからないため、新入生たちは校則を守ることにする。
 
 
 そして、手分けして校内の探索を始めようとするが、トガミが「誰かを殺そうとするヤツとは、一緒に行動できないから、自分は一人でやる」と言いだす。それを止めようとしたオオワダに、さらにトガミが暴言を吐き、オオワダがブチ切れ。ナエギが止めに入るが、逆切れしたオオワダに殴られ、気を失う・・・
 
 
 ナエギが目覚めると、見知らぬ部屋にいた。
 
 壁に貼られた紙を調べる→学園長からのおしらせで、ドアはピッキング防止加工されていて。鍵は複製不可能。各部屋にあるシャワールームは、夜時間は水が出ない。なお女子の部屋のみ、シャワールームが施錠できるようになってる。女子には裁縫セット、男子には工具セットをプレセント。と、書かれている。
 
 ゴミ箱を調べる→モノクマメダルをゲット!
 
 テーブルの上を調べる→ナエギの名前が書かれた部屋の鍵をゲット。
 
 シャワールームのドアを調べる→鍵がかかっているらしく、開かない・・・
 
 引き出しを調べる→工具セットが入っている。
 
 部屋の中を調べまくった結果、どうやらここがナエギの個室だということがわかった。
 
 
 部屋の外に出た瞬間、マイゾノとぶつかるナエギ。
 
 マイゾノは、ナエギを呼びに来たのだ。
 
 マイゾノから、ナエギが気を失った後、みんなで手分けして学園内を探索したのだが、その結果を今から食堂に集まって発表すると聞かされる。
 
 
 ナエギは食堂に行ったが、まだマイゾノしか集まっていない。
 
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 時計を調べる→夜の7時になっている。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「確認したいこと」を選択→マイゾノから同じ中学出身だと言われて、自分のことを覚えてるなんてと驚くナエギ。
 
 やがて、全員が食堂に集まってきたので、調査結果を披露しあうことになったが、キリギリの姿が見当たらない・・・しかたないので、先に始めることになった。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「十神君」を選択→ここへ閉じ込めた犯人の手掛かりを単独で探していたが、これといった発見はなかったと答えるトガミ。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「石丸君」を選択→寄宿舎エリアを調べて、全員の個室を発見したと答えるイシマル。他の生徒の話から、部屋の扉には各自のネームプレートが貼られ、部屋の中には名前付きの鍵が置いてあった。部屋は完全防音、シャワールーム完備で、女子のみ鍵付き。あれ、ナエギのシャワールームの扉は、開かないんだが?
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「桑田君、葉隠君、江ノ島さん、不二咲さん」を選択→窓の鉄板を調べたが、ぜんぜんはずれなかったと答えるクワタたち。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントーク「朝日奈さんと大神さん、大和田君」を選択→玄関ホールの鉄の塊を調べたが、破壊できなかったと答えるオオワダ。オオガミから、2階へ続く階段を発見したが、シャッターが閉じてて入れなかったと言われる。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「セレスさんと腐川さんと山田君」を選択→誰も誘ってくれなかったので、体育館にいてただけと答える3人。
 
 最後にマイゾノが自分の報告を始める。マイゾノはこの食堂を調べていたが、奥の厨房にある冷蔵庫の中はびっしりと食材が詰まっており、食料の心配はないとのこと。そして、冷蔵庫には毎日自動で食糧が追加されるとモノクマが言っていたと報告する。
 
 そこへキリギリがやってきて、学園の案内図を見せ、ここが正真正銘、希望ヶ峰学園だが、一部改築されていると告げる。
 
 調査の結果、逃げ場のない密室に閉じ込められたのが紛れもない事実だということがわかった・・・
 
 セレスは、ここの生活に適応すればいいだけと話し、夜時間になれば誰かが殺しにくると心配しなくていいように、夜時間の出歩きは禁止というルールを追加しようと提案する。
 
 ルールには校則と違って強制力はないが、生徒たちはみんな賛同する。そして、各自部屋に戻って行った。
 
 
 部屋に戻ったナエギは、シャワールームのドアを調べるが、やっぱり開かない。
 
 そこへモノクマがやってきて、ドアの建て付けが悪いので、開け方のコツを教えに来たと話す。
 
 モノクマの言うコツ通りにすると、簡単にドアが開いた。
 
 
 午後10時になり、夜時間を告げるモノクマの校内放送が入り、ナエギは自室のベッドで眠りにつく。
 
 
 翌朝7時になり、起床を告げるモノクマの校内放送が入る。
 
 部屋を出て、廊下でイシマルに会う。
 
 ランドリーへ行き、ハガクレに会う。
 
 水着を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 右から2番目の洗濯機を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 右から4番目の洗濯機を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 食堂へ行き、フジサキ、キリギリ、トガミに会う。
 
 厨房へ。
 
 野菜を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 ショーケースを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 トラッシュルームへ行くが、シャッターが閉まっていて奥へ行けない。
 
 床の扉を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 スイッチを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 マイゾノの部屋へ行くナエギ。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「お願い事」を選択→いっしょに護身用の武器を探すのを手伝ってほしいと言われる。
  
 ナエギは、マイゾノといっしょに体育館ホールへ向かおう。
 
 
 途中、購買部で、エノシマに会う。
 
 下の棚を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 モノモノマシーン挑戦→第二ボタン、むらまさ、レーション、すきバサミ、ミネラルウォーター、イン・ビトロ・ローズ、残鉄剣、マックロワッサン、ボージョボー人形、阿修羅の涙をゲット。
 
 玄関ホールで、クワタとオオワダに会う。
 
 クワタに話しかける→早くここを出て、ミュージシャンになりたいとのこと。
 
 レターケースを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 体育館ホールへ。
 
 モニターを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 ハニワを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 兜を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 模擬刀を調べる→金箔がはがれて手がベタベタになってしまうが、ナエギが部屋に持って帰ることになった。
 
 マイゾノに話しかける→リアクショントークで「夢」を選択→マイゾノは父子家庭で育った。仕事で父親の帰りが遅かったため、マイゾノの寂しさを紛らわしてくれたのはTVの中で活躍するアイドルたちだった。いつしかマイゾノは、みんなを勇気づけられるアイドルになりたいと思うようなり、その夢を叶えるために嫌なことを含めて何でもしてきたと話す。そして、仕事は楽しくて仕方がないが、みんなに飽きられてしまった時が怖いとも話す。
 
 マイゾノはここに閉じ込められて、世間から忘れられることを恐れていた・・・
 
 
 個室に戻って、自由行動開始!
 
 男子トイレへ。
 
 水槽を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 1-Bで、イシマルに会う。
 
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 1-Aで、オオワダに会う。
 
 時計を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 視聴覚室で、クワタに会う。
 
 DVDデッキを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 モノモノマシーンに挑戦→キルリアンカメラ、超技林、だれかの卒業アルバム、浮き輪ドーナツ、アンティークドール、華麗な王子さまをゲット。
 
 
 マイゾノの部屋に行き、一緒にすごす。
 
 マイゾノは、中学の頃、ずっとナエギにしゃべりかけたかったが、その機会がなかったと言いだす。
 
 「鶴」を選択→マイゾノが中学の時、学校の池に迷い込んだ鶴を、ナエギが学校の裏の森へ逃がしたの(飼育委員だったナエギは、単に押しつけられただけだった)を見て感心し、それ以来話しかける機会をうかがっていたと言いだす。そして、あの時の鶴みたいに、ナエギが自分を救ってくれるような気がすると話す。
 
 美声を習得!
 
 
 翌朝も自由行動!
 
 玄関ホールでセレスに会って、一緒にすごすが、ギャンブルでしぼりとられる・・・→最大SP+1
 
 校内廊下でセレスにあって、一緒にすごして、アンティークドールをプレゼントする。→セレスは、アカギと鷲巣を透明牌マージャンで凹ませたっぽい話をしてくれる。最大SP+1
 
 
 翌朝、イシマルが部屋にやってきて、みんなの結束を固めるために、起床時間のあと、全員揃って朝食を食べようと告げる。
 
 食堂へ行き、イシマルに話しかて、朝食会開始!
 
 しかし、あれから何の手がかりも見つかっていない・・・
 
 犯人について話しあってみて、リアクショントークでフジサキの「例の殺人鬼」を選択→フジサキは、犯人は、猟奇的かつ残忍な手口で殺人を繰り返す凶悪殺人鬼のジェノサイダー翔ではないかと言い出す。
 
 トガミは、現場には必ず被害者本人の血でチミドロフィーバーの地文字を残しているが、通り魔的かつ無差別的で突発的な犯行ばかりで、警察も足取りをつかめていない、そんな容疑者にネット上で与えられたあだ名がジェノサイダー翔だと話す。
 
 みんなが怯えているところ、アサヒナが、ここに閉じ込められて何日も連絡が取れない自分たちを心配して、そろそろ警察が探しに来るはずだと言いだす。
 
 そこへモノクマが現れて、警察なんてアテにできないと話す。そして、未だに殺し合いが起きないのは動機が足りないからだと言って、映像を見せたいと話す。
 
 キリギリがモノクマに目的を尋ねると、絶望と答えて消えてしまう。
 
 
 モノクマが言っていた映像を探すことになったナエギとマイゾノ。
 
 視聴覚室へ。
 
 ダンボールを調べる→それぞれの名前の入ったDVDを発見。
 
 マイゾノはみんなを呼びに食堂へ向かう。
 
 残されたナエギは、自分の名前の書かれたDVDを再生すると、そこにはナエギの両親と妹が映っており、ナエギの入学を祝うメッセージが入っていたが、途中から破壊しつくされ、無人となった自宅が映り、ナエギの家族の身に何があったのでしょうか?とモノクマの声が入っていた・・・
 
 ナエギが、一刻も早く学園から出なければと思った時、マイゾノがみんなを連れてきた。
 
 各自がDVDを再生し始めると、みな顔色が変わっていった・・・どうやらナエギと同じような内容の映像が映っていたらしい。モノクマは、生徒たちの出たいという気持ちを煽っているのだ。
 
 マイゾノに映像の内容を確認しようとしたところ。マイゾノは部屋を飛び出してしまう。
 
 他の生徒にも映像の内容を確認してみるが、みんな黙ってしまう。
 
 1-Aで放心状態のマイゾノを見つけて、ナエギが声をかけると、マイゾノはここから出なきゃと声を荒げる。
 
 マイゾノを落ち着かせるため、ナエギが、ボクがキミをここから絶対に出してみせると言うと、マイゾノは泣きながらナエギの胸に飛び込んでくる。やがて、マイゾノは、苗木君だけはずっと私の味方でいてと言いながら、笑顔になる。
 
 そこへモノクマが乱入してきたため、二人のいい雰囲気がおじゃんになり、マイゾノを部屋に送り、みんなに状況を説明してから、ナエギも部屋に戻った。
 
 
 夜の10時前に、ナエギの部屋にマイゾノがやってくる。
 
 マイゾノの話しかける→リアクショントークで「変な事」を選択→恐怖に震えているマイゾノは、さっき自分の部屋に誰かが押し入ろうとしていたと言いだす。
 
 ナエギはマイゾノに、今夜はここに泊まっていけばと提案するが、マイゾノは、個室に二人でっていうのに抵抗があるので、部屋を交換してほしいと頼まれる。
 
 夜時間を告げるモノクマの校内放送が流れたので、いそいでお互いの部屋の鍵を交換し、ナエギは、マイゾノにシャワールームのドアの開け方のコツを教える。
 
 そして、ナエギはマイゾノの部屋に行く。
 
 ゴミ箱を調べる→マイゾノの名前の書かれてたDVDが捨てられている。
 
 引き出しを調べる→裁縫セットが入っている。
 
 ベッドを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 シャワールームのドアを調べる→鍵が付いている。
 
 やがてナエギは、マイゾノのベッドで眠ってしまう。
 
 
 起床時間を告げるモノクマの校内放送で起こされたナエギ。
 
 朝食会に出るために、食堂へ行くが、いつまでたってもマイゾノとトガミが来ない。
 
 やっときたトガミにマイゾノのことを聞くが、しらないとの返事。
 
 マイゾノのことが心配にまったナエギは、マイゾノが泊っている自分の部屋に行くが、部屋の中は荒れ放題・・・
 
 シャワールームのドアが開いていたので、中をのぞいてみると、血まみれのマイゾノを死体を発見し、ナエギは気を失ってしまう・・・

拍手[0回]

 今日のダンガンロンパ1・2 Reloadはどうかな?
 
 オープニング:拘束された男性が、ぬいぐるみによってロケットに乗せられ宇宙へ。やがて地上へ戻って来るが、男性は骨になっている・・・
 
 私立希望ヶ峰学園は、あらゆる分野の超一流高校生を集め、育て上げることを目的とした、政府公認の超特権的な学園である。
 
 入学の条件は、「現役の高校生であること」と「各分野における超一流であること」の二つで、学園側からスカウトされた生徒のみが入学を許可される。
 
 主人公の苗木誠(ナエギ マコト)は、ごくごく普通の生徒だが、平均的な学生の中から抽選によって抽出されて学園側から「超高校級の幸運」として、入学を認められる。
 
 入学式の日、学園に1歩踏み入れたナエギは、突然のめまいに襲われる・・・
 
 やがて意識を取り戻したナエギは、見覚えのない教室の中にいた。
 
 天井には監視カメラが付いており、窓には鉄板が打ちつけられている・・・
 
 机の上を調べると、手書きの入学案内が置かれている。
 
 1-Aの教室を出て玄関ホールに行くと、他の新入生たちが集まっている。
 
 玄関の扉は頑丈な金庫の扉にようだし、天井には銃付きの監視カメラが付いている。
 
 新入生同士、自己紹介をすることになった。
 
 石丸清多夏(イシマル キヨタカ)は、超高校級の風紀委員。面倒くさそうな性格。
 
 腐川冬子(フカワ トウコ)は、超高校級の文学少女。被害妄想がひどい。
 
 舞園さやか(マイゾノ サヤカ)は、超高校級のアイドル。エスパー並みに勘が鋭い。
 
 桑田怜恩(クワタ レオン)は、超高校級の野球選手。天才で、野球の練習はしたことがない。将来の夢は歌手。
 
 山田一二三(ヤマダ ヒフミ)は、超高校級の同人作家。2次元萌え。
 
 朝比奈葵(アサヒナ アオイ)は、超高校級のスイマー。脳筋の元気娘。
 
 不二咲千尋(フジサキ チヒロ)は、超高校級のプログラマー。小動物的な雰囲気だが、声は男・・・
 
 霧切響子(キリギリ キョウコ)は、超高校級の???。ナエギと同じく素性が明らかでない新入生で、無愛想。
 
 江ノ島盾子(エノシマ ジュンコ)は、超高校級のギャル。雑誌で見るのと印象が違う・・・
 
 大和田紋土(オオワダ モンド)は、超高校級の暴走族。日本最大最凶の暴走族の2代目総長。
 
 大神さくら(オオガミ サクラ)は、超高校級の格闘家。通称オーガ、霊長類ヒト科最強に最も近い女子高生。
 
 十神白夜(トガミ ビャクヤ)は、超高校級の御曹司。上から目線。
 
 葉隠康比呂(ハガクレ ヤスヒロ)は、超高校級の占い師。3ダブしてて、20歳。
 
 セレス(自称セレスティア・ルーデンベルク)は、超高級のギャンブラー。ゴスロリ女。
 
 
 
 新入生全員は、ナエギ同様、玄関ホールに入った途端気を失って、気付いたら校内で寝ていたとのこと。
 
 窓には鉄板が貼られ、玄関の扉も鉄の塊で塞がれている。
 
 そういえば、各自の荷物がない。
 
 そこへ、入学式を行うので、体育館へ集まるようにと、校内放送が入る。
 
 体育館へ向かうが、新入生以外誰もいないようだ。
 
 体育館に入ると、オープニングに出ていたぬいぐるみ現れ、学園長のモノクマだと名乗る。声は先代のドラえもんだが、発言内容は超絶ブラック・・・
 
 モノクマは、新入生たちに、外界と完全に切り離されたこの学園内だけで、秩序を守って無期限に共同生活するよう命令する。
 
 ここから出る方法=卒業というルールはたった一つ、秩序を破ることだと、モノクマは告げる。
 
 そして、秩序を破ることとは、人が人を殺すことだと言いだす。つまり、誰かを殺した生徒だけが、ここから出られるのだ。
 
 ブチ切れたオオワダがモノクマに掴みかかると、学園長への暴力は校則違反だとモノクマが叫び、アラームが鳴りだす!
 
 キリギリがオオワダに、危ないから投げろと声をかける。
 
 オオワダがモノクマを投げた途端、モノクマが爆発する・・・
 
 そして、代わりの別のモノクマが出現し、電子生徒手帳を配る。この電子手帳は、起動時に生徒の名前が出るし、完全防水で耐久性もバツグンな特別性。中には校則が載っているとのこと。
 
 誰かが誰かが殺すのではないかと、疑心暗鬼の状態での共同生活が始まる・・・
 
 校章バッジをゲット。
 
 トロフィー:プロローグクリア(ダンガンロンパ)をゲット!

拍手[0回]


 アニメを見て、このゲームやりてぇと思って、ダンガンロンパ1・2 Reload 買っちゃった!それでは、プレイ開始。
 
 まずは、体験版。
 
 オープニングで、拘束された男がぬいぐるみによってロケットに乗せられ、宇宙へ行って戻って来るが、耐熱構造がちゃんとしてなかったらしく、骨だけになって戻って来る・・・
 
 主人公の苗木誠(ナエギ マコト)は、教室で目覚める。
 
 ナエギは、私立希望ヶ峰学園の新入生。
 
 教室の窓には鉄板が貼られ、天井には監視カメラが付いている・・・
 
 机の上を調べる→体育館へ来るようにと書かれた手紙を発見。
 
 寄宿舎の食堂で、朝比奈葵(アサヒナ アオイ)と、大神さくら(オオガミ サクラ)に会う。アサヒナは超高校級のスイマーで元気娘、オオガミは超高校級の格闘家。
 
 食堂の時計を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 厨房で、超高校級のアイドルの舞園さやか(マイゾノ サヤカ)に会う。
 
 厨房の包丁を調べる→セットは揃っている。
 
 厨房の野菜を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 厨房のショーケースを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 倉庫で、超高校級の野球選手の桑田 怜恩(クワタ レオン)と、超高校級の文学少女の腐川 冬子(フカワ トウコ)に会う。クワタは天才で、野球の練習なんかしたことがないそうだ。フカワは、被害妄想がひどい。
 
 倉庫の冷蔵庫を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 倉庫のクワタの左を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 男子トイレの水槽を調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 廊下で、超高校級の御曹司の十神白夜(トガミ ビャクヤ)と、霧切響子(キリギリ キョウコ)に会う。トガミは上から目線で、キリギリは無愛想。
 
 学園の廊下で、超高校級の占い師の葉隠康比呂(ハガクレ ヤスヒロ)に会う。色々あって、3ダブして20歳とのこと。
 
 隣の1-B教室で、超高校級のギャンブラーのセレス(自称セレスティア・ルーデンベルク)に会う。ゴスロリ女。
 
 監視カメラを調べて、モノクマメダルをゲット。
 
 廊下で、超高校級のプログラマーの不二咲千尋(フジサキ チヒロ)に会う。小動物的なかわいさ。
 
 視聴覚教室で、超高校級の風紀委員の石丸清多夏(イシマル キヨタカ)と、超高校級の暴走族の大和田紋土(オオワダ モンド)に会う。イシマルは暑苦しい性格で、オオワダはヤンキー。
 
 ダンボールを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 テレビを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 廊下で、超高校級のギャルの江ノ島盾子(エノシマ ジュンコ)と、超高校級の同人作家の山田一二三(ヤマダ ヒフミ)に会う。エノシマは雑誌でもおなじみのギャルで、ヤマダはデブ。ヤマダから、ポテチを勧められる。
 
 体育館へ行くと、オープニングに出ていたぬいぐるみがしゃべりかけてくる。モノクマという名前で、学園長とのこと。中の人は、先代のドラえもんの大山のぶ代!
 
 モノクマから、学園内だけで一生共同生活を送るよう命令される・・・
 
 そして、学園から出る=卒業できるのは、誰かを殺した生徒だけだと言われる。
 
 自室に戻ると、中が荒らされている!!!
 
 床のキズを調べる→鋭利な刃物によるキズのようだ。
 
 コロコロを調べる→特に変わったところはない。
 
 ベッドを調べる→ベッドも荒らされている。
 
 壁のキズを調べる→鋭利な刃物によるキズのようだ。
 
 シャワールームを調べる→ハガクレが死んでる・・・
 
 モノクマによる、死体発見と一定時間後に学級裁判が行われるとのアナウンスが入る。
 
 卒業の条件は、人を殺すだけでなく、犯人だと誰にも知られないこと。
 
 そして、学級裁判で、クロ(犯人)を探すのだ。
 
 正しいクロをみつければ、クロのみがおしおきされるが、クロを間違えた場合、クロのみが生き残り、他のメンバー全員がおしおきされるとのこと。
 
 モノクマファイル1をゲット。
 
 中を見ると、被害者:葉隠 康比呂、死亡時刻:午前1時半ごろ、死体発見現場:寄宿舎エリアの苗木誠の個室のシャワールーム、致命傷:刃物に刺された腹部の傷。
 
 葉隠を調べる→腹に刺さっているのは、厨房の包丁らしい。
 
 部屋で、キリギリに話しかける→部屋の中には、髪の毛1本落ちていない=犯人は、この部屋にいてはおかしい人物だと言われて、霧切の証言をゲット。
 
 ベッドを調べる→争った形跡をゲット。
 
 コロコロを調べる→ポテチの油が取っ手についている。
 
 厨房へ行く。
 
 厨房の包丁を調べる→1本足りないようだ。厨房の包丁セットをゲット。
 
 食堂にいるアサヒナに話しかける→紅茶を入れた時は包丁は揃っていたが、片付ける時には1本なかったと言われ、朝比奈の証言をゲット。
 
 赤い扉の部屋に入る。
 
 監視カメラを調べる→モノクマメダルをゲット。
 
 学級裁判開始!
 
 学級裁判の結果は、生徒同士の投票によって決まる。
 
 正しいクロだけを指摘しないと、クロ以外の全員がおしおきされ、クロだけが卒業・・・
 
 ナエギは犯人ではないが、状況から多くの生徒から犯人だと思われてしまっている。このままでは、クロ以外は全員処刑されてしまうので、なんとか正しいクロを指摘して、みんなに納得してもらわなければいけないのだ。
 
 ノンストップ議論中、フジサキの「抵抗する間もなく」に対して、「争った形跡」の言弾を撃つ。
 
 「葉隠と犯人」を選択。
 
 オオワダの「ナイフ」に対して、サイレンサーを撃ってから、「厨房の包丁」の言弾を発射。
 
 マシンガントークバトルで、クワタの発言を破壊して、「朝比奈の証言」の言弾を発射。
 
 アサヒナとオオガミが食堂にいる間に、犯行に使われた厨房の包丁が持ち出されたが、ナエギは食堂には来ていない。そして、アサヒナが食堂にいる間、食堂に来た人物が一人だけいると証言する。
 
 閃きアナグラムで、「は」、「が」、「く」を撃つ。
 
 食堂に来たのは、ハガクレだった。ハガクレは、護身用に厨房の包丁を持ち出しが、犯人に奪われて、刺されたのだ。
 
 いいところで、体験版は終了・・・

拍手[0回]

- HOME -
Powered by   | 
プロフィール
HN:
弐位(にい)
性別:
非公開
職業:
中間管理職
趣味:
もちろんゲーム
自己紹介:
 大人になりきれない社会人ゲーマー。
 現在の夢:ゲームする時間の確保、サービス残業時間減少、年棒アップ
 将来の夢:がんばってお金を稼いで、ニートでゲーム三昧の日々を送ること
ブログ内検索
最新コメント
[06/06 NONAME]
[05/18 サバイバー]
[04/03 弐位]
[04/02 新津]
[03/03 弐位]
カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
23 24 25
26 27 28 29 30
マルチMIDIプレイヤー
 ゲーム音楽がいっぱい!
 好きなタイトルを選んで、タイトル実行を押してください
Amazon ゲーム ベストセラー
Amazon 本 ベストセラー
Amazon DVD ベストセラー
Amazon 音楽 ベストセラー
Amazon ホビー ベストセラー
Amazon ソフトウェア ベストセラー
最新TB
最新トラックバック
忍者解析(モバイル)
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア