チラシの裏~弐位のゲーム日記
社会人ゲーマーの弐位のゲームと仕事とブログペットのことをつづった日記

 今日のファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼアはどうかな?


 ウルダハで落ち込んだ青年ナナフォンに話しかけると、セニョール・サボンテンダーになりたいと言われて、クエスト:ゴールドソーサーの人気者開始!
 そこへゴッドベルトがやってきて、ブラックブッシュ停留所にいるリリザンに会え、とアドバイスをくれる。
 リリザンに会いに行くと、リリザンは、ナナフォンにセニョール・サボテンダーになりたい理由を尋ねる。
 ナナフォンは、ゴールドソーサー初日に、セニョール・サボテンダーが動きだけで人々を楽しませていた姿に心を打たれた、自分は性格が後ろ向きなため意図せず人をイラつかせてしまうことがあるので、言葉でなく動きだけで人々を笑顔にさせるセニョール・サボテンダーの姿が輝いて見えた、と答える。
 それを聞いたリリザンは、自分は初代のセニョール・サボンテンダーだった、と打ち明ける。
 もともとリリザンは、サボテンダーが好き過ぎて、その動きを体得し模倣することに情熱を注いでいた。
 そんなリリザンのことを知ったゴットベルトは、ゴールドソーサーの開園に当たり、リリザンに仕事を与えてくれた。
 リリザンは、セニョール・サボンテンダーの着ぐるみの設計や振り付けの類まですべて監修したが、がんばりすぎて開園初日の業務終了間近に脱水症状を起こして倒れ、足に後遺症が残り長く踊れなくなり、そのまま引退してしまった、と話す。
 ナナフォンに感銘を与えたセニョール・サボテンダーは、目の前にいるリリザンだったのだ。
 リリザンは、ナナフォンにセニョール・サボテンダーの振り付けをすべて教えてくれる。
 セニョール・サボテンダーの振り付けを習得したナナフォンは、ゴールドソーサーのキャストの採用試験に挑む。
 最終選考に残ったナナフォンは、最後まで無言を貫き、セニョール・サボテンダーの動きだけで自己アピールし、合格する。
 リリザンから、MGPゴールドカード、エモート:サボテンダーポーズをゲットして、クエストクリア!
 アチーブメント:中の人をゲット!

拍手[0回]

前の記事闇の発生源
次の記事死霊の試練に至る道
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by   | 
プロフィール
HN:
弐位(にい)
性別:
非公開
職業:
中間管理職
趣味:
もちろんゲーム
自己紹介:
 大人になりきれない社会人ゲーマー。
 現在の夢:ゲームする時間の確保、サービス残業時間減少、年棒アップ
 将来の夢:がんばってお金を稼いで、ニートでゲーム三昧の日々を送ること
ブログ内検索
最新コメント
[06/06 NONAME]
[05/18 サバイバー]
[04/03 弐位]
[04/02 新津]
[03/03 弐位]
カテゴリー
アーカイブ
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
10 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
マルチMIDIプレイヤー
 ゲーム音楽がいっぱい!
 好きなタイトルを選んで、タイトル実行を押してください
Amazon ゲーム ベストセラー
Amazon 本 ベストセラー
Amazon DVD ベストセラー
Amazon 音楽 ベストセラー
Amazon ホビー ベストセラー
Amazon ソフトウェア ベストセラー
最新TB
最新トラックバック
忍者解析(モバイル)
バーコード
フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
フリーエリア